ママ友の誘い。気持ちはうれしいものの、ときには、「面倒だな…」と思うこともあるのではないでしょうか?  断ってしまうと、今後のママ友との関係も気になるし、断ろうにも断りづらいケースも…。そこで今回は、ママ友との関係を良好に保ちつつ、面倒な付き合いを断る方法について、ママたちの秘策を聞きました。

「行きたいけど行けない人」を演じること(美恵さん / 35 / 販売員)

shutterstock_1165820557
ママ友との付き合いが面倒なのは、子どもを保育園に入れる前からわかっていたこと。ですので、私は最初から「誘っても“来れない”人」と周りのママに印象づけるよう、意識しました。大切なのは「付き合いが悪い人」ではなく、「行きたいけど行けない人」でいることです。 理由としてあげたのは、体調がすぐれない母親のこと。母親の介護のために、結婚を機に仕事もパートタイムに変えて、「時間があれば、お世話になった母親のために時間を使ってあげたい」と事前に伝えたんです。 その代わり、誘いが来たときには、必ず誘ってくれたことへの感謝と、とても参加したいと思っていることを伝えるように。また、園や外で会えば、明るく雰囲気よく接するよう心がけ、いまのところ「母親を大事にするいいママ」という印象で通っています。 おかげで、不必要なしがらみもなく、自分の時間も使えて、とても有意義な保育園生活を満喫中。お付き合いが苦手というのであれば、事前にママ友に「参加できない理由」を伝えておくのがおすすめです。