休日になると朝からパチンコへ、そのままエンドレスで閉店まで…そんなギャンブル好きの男性は少なくありません。独身ならまだしも家庭を持っているならば、「ほどほどにしてほしい!」という妻の言い分ももっともですよね。 今回は、「ギャンブル好きの旦那様」がいるママたちを取材してきました。あなたはどこまで許容できそうですか?
shutterstock_1030468558

離婚を決意して、現在貯金中です(千枝さん/32/飲食店勤務)

休日になると「ちょっとコーヒー買いに行ってくる」「洗車しないとダメだな」など、何かしらの理由をつけて朝から出かける旦那。一緒に行くと言っても「すぐ帰ってくるから」と足早に出かけてしまい、22時過ぎまで帰ってこないのです。 「どこまで行ってたの?」と聞いても、「友達に偶然会って」とか「車の中で寝てた」なんて毎回何かしら言い訳を言うんです。しかも喫煙者ではないのに、旦那の体からはタバコの臭いが。 正直、浮気を疑っていました。「部屋着みたいな格好で、浮気相手と会うのもおかしい…」とは思ったのですが、それくらいしか思いつかなくて。 というのも、結婚前に「うちの両親はふたりともギャンブル依存症だから、こりごりなの。ギャンブルだけは絶対しないでね」と約束していました。旦那も「ギャンブルはしたことない」と言ってたので、その疑いは頭にまったくなかったのです。 しかしある朝のこと。 お隣の奥さんと顔を合わせたところ、「昨日はありがとうって旦那さんに伝えといて」と言われ…何のことか尋ねると、「スロット屋さんでたまたま会ってね。当たり確定だったから、ちょっとメダルをもらったの」とのこと。 私にとっては、まさに青天の霹靂でした。 両親のことでは本当に悩んでいたので、不倫のほうがまだ許せたかもしれません。ギャンブルだけは、辛い思いばかりしてきたので、生理的に受け付けないんです。 子どもに私と同じような思いをさせたくないと思い、離婚を決意。コツコツとお金を貯めながら、離婚に向けて前進中です。