毎日がキラキラしていた頃は過ぎ、どこか人生が見えてきたような気分で日々を過ごしている中学生のキヨシ。

 

キヨシの部活顧問・竹部先生は、無神経な父親との二人暮らしに疲れきっていました。ところがそんな日々も、父親の急逝によって、突然終わりを迎えます。

 

父親を亡くしても涙が出ない竹部先生。彼女の心の葛藤を溶かしてくれたのは…。

父への心の葛藤を溶かしてくれたすごい友人

作/あまいろ