毎日がキラキラしていた頃は過ぎ、どこか人生が見えてきたような気分で日々を過ごしている中学生のキヨシ。

 

キヨシの部活顧問・竹部先生は、父親との二人暮らしに疲れています。無神経な発言をしてきたり、亡き母親のような家事レベルを求めてきたり…。

 

帰宅した竹部先生が目にした光景と、それに対する感情は…。

ちょっと家事をしただけで得意になる父への感情

作/あまいろ