毎日がキラキラしていた頃は過ぎ、どこか人生が見えてきたような気分で日々を過ごしている中学生のキヨシ。その母・青柳由美子は、仕事のできるシングルマザーです。

 

外出先で、母親と出くわしたキヨシ。

 

外で会う母さんはいつもとどこかちょっと違っていて…。

「母親も一人の人間だ…!」子どもがそのことに気づくとき

作/あまいろ