毎日がキラキラしていた頃は過ぎ、どこか人生が見えてきたような気分で日々を過ごしている中学生のキヨシ。その母・青柳由美子は、仕事のできるシングルマザーです。

 

部下である長谷川くんに「好きですアピール」され続けた由美子は、ついに「諦めて」と伝えます。

 

とはいえ、職場の同僚なので、その後の付き合い方も悩ましい問題で…。

人間関係で疲れても、彼女は10分で元気になる

kiyoshikonoharu129
作/あまいろ