予定を忘れる夫
保育園のお迎えなどの家族の用事を、何回言ってもすぐ忘れてしまう夫にイライラしてしまうことはありませんか?

 

夫は家族のことを大事に思っていないから忘れてしまうのでしょうか。

 

仕事で忙しいのはお互いさまだし、特に子どもの用事は覚えていてもらわないと困りますよね。

 

夫が家族の用事を忘れないようにするには、何か方法があるのでしょうか?心理カウンセラーの五百田達成(いおたたつなり)さんに聞きました。

100均グッズ的思考で解決しよう

人は、自分ごとではないことは忘れがちな生き物です。家族を大切に思っていないわけではなく、つい、忘れてしまうんです。
つまり、夫に「なんで忘れるの!ひどい!」と言っても解決はしません。忘れるなら、忘れないようにするしかありません。
これは、100均の便利グッズで家を掃除するのと同じ。
「なんでほこりがたまるの!ひどい!」と、ほこりがたまることにイライラするより、便利グッズやアイデアで解決する方が楽しいですよね。ほこりがたまったら、ハンディモップで取ればいいだけ。ハタキでも、コロコロクリーナーでも、ぞうきんでもいい。
100円ショップに次々にアイデアグッズが誕生するように、物事を解決するはツールは工夫次第なんです。
同様に、予定を共有したいと思ったら、伝え方を工夫すればいいだけです。そして何度も繰り返す。1度口頭で伝えただけでは忘れてしまいますから、文章で残すといいでしょう。
スケジュールアプリで予定を共有する、LINEを繰り返し送る、冷蔵庫に貼っておく、夫のカバンにメモを書いて入れておく、など、自分たちにあうやり方をいろいろと試してみてください。
うるさいと思われたとしても、予定を忘れられるよりよっぽどいいですよね。
一方、夫も自分で忘れやすいと思ったら、ツールを駆使した上で、周囲の人に自分の予定を言っておくといいですね。「あれ、今日はお迎えじゃないの?」なんて誰かが気がついてくれるでしょう。
人は忘れる生き物です。お互いに予定を共有したりリマインドする習慣を持っておけば、どちらかが大事な約束を忘れそうになってもフォローしあえ、いい関係につながると思いますよ。

監修/五百田達成(いおたたつなり) 取材・構成/早川奈緒子 イラスト/本村誠