毎日がキラキラしていた頃は過ぎ、どこか人生が見えてきたような気分で日々を過ごしている中学生のキヨシ。

 

いつも一緒にいる心の相棒ハルはキヨシとキヨシの母親にしか見えません。

 

クラスメイトなどさまざまな人たちと関わる中で、少しずつ動いていくキヨシの思春期の行方は──。

お年玉を遠慮する子どもに母親がとった行動は?

連載TOPへ戻る

作/あまいろ