毎日がキラキラしていた頃は過ぎ、どこか人生が見えてきたような気分で日々を過ごしている中学生のキヨシ。

 

学校は好きではないけれど、中学生なりに身に付けた処世術で学校生活を送っています。

 

いつも一緒にいる心の相棒ハルはキヨシにしか見えません。

 

クラスメイトなどさまざまな人たちと関わる中で、少しずつ動いていくキヨシの思春期の行方は──。

中学生男子が、友人を傷つけないために我慢していること

作/あまいろ