④異動の相談をする

人は簡単に変われません。こちらがどれだけ努力しても分かり合えない時は分かり合えないものです。


 

「どうしても我慢ならない」という時は上司や人事部に相談、場合によっては異動願を出しましょう。


 

感情的に異動交渉するよりも、なるべく冷静に客観的な視点から悩みや問題を説明することを心がけてください。

 

⑤敵意を見せない

知らず知らずに「嫌」という気持ちが態度に出ていませんか?印象が悪いと上司もあなたのことを嫌いになり、負のループに陥ってしまいます。


 

媚びる必要はありませんが、笑顔で接したり、名前を呼んで挨拶したりと敵意を見せないように気をつけましょう。

 

嫌われている上司の特徴とは?

「嫌い」という強い感情は一見どうしようもないように感じてしまいますが、一歩離れた所から分析することで自分の中で整理することができます。


 

整理ができれば他の人に相談・説明がしやすくなる上に、客観的な対策を練ることもでき、問題解決の糸口になるでしょう。


 

ここでは分析をした結果、多くの方が苦手とする上司の特徴をいくつかご紹介します。あなたの上司にはいくつ当てはまるでしょうか?

 

①無責任

上司部下関係なく、仕事をする上で関わりたくないタイプですね。


 

相談をしてもまともに取り合ってくれなかったり、提出した物のチェックをしない…それでいざ問題が起きると責任を部下に押し付けたり、激しく叱責する上司。


 

信頼関係を築けず、不信感から一緒に仕事をしたくなくなります。

 

②言動に一貫性がない

指示をコロコロ変える上司には振り回されがちです。


 

理不尽に怒られたり、仕事のやり直しを命じられたりすると、「前と言っていることが違う!」と戸惑い、大きなストレスを感じます。


 

仕事が非効率になる上、上司の発言が全て軽く聞こえてしまいます。