オフィスカジュアルがNGな場面もある

オフィスカジュアルにしておけばどこでも問題のないように感じますが、なかにはNGとなる場面もあります。 例えば、取引先と会うときや転職の面接シーンなどではスーツが求められることがあるので、確認しておきましょう。

 

初めて取引先と会う時はスーツの方が無難

初めて訪れる会社や初対面の人と合う際は、楽なオフィスカジュアルがNGとなることがあります。

 

自分の職場だけで通用する服装は、一歩外へ出ると受け入れられないこともあるため注意が必要。 業界によっては、上下お揃いのスーツのほうが好印象となることもあります。

 

初対面は第一印象を決める大切な場面。 二回目からは楽なオフィスカジュアルでよくても、一回目は誠実さをアピールするためにスーツのほうが好まれることもあります。

 

自分だけで判断できない場合は、先輩や上司などに確認しておくと安心です。

 

服装指定のない転職面接はスーツで

転職の面接で特に指定がない場合は、スーツにするのが無難な選択です。

 

オフィスカジュアルでといわれたら業界の雰囲気を考慮して、肩の力を抜いた服装にしましょう。 私服を指定されることもありますが、この場合もオフィスカジュアルが良い選択です。

 

面接官が私服ということもありますが、立場が違うので受ける側にはきちんとした服装が求められます。 面接の服装はきちんとしすぎて悪いことはありません。

 

どちらか迷ったらスーツにしておくとよいでしょう。

 

>>NEXT デメリットもチェックして最適なオフィスカジュアルを