禁断の味を知ったはずなのに…

作/二平瑞樹