結婚して家を出て、改めて実感する親のありがたさ。親孝行もしたいけど、同居はできないし、子どももいるから金銭的余裕もない。こんな状況でもできる親孝行には、どんなものがあるのでしょう? 実際に「とても喜んでもらっている」という先輩ママたちに話を聞いてみました。

 

■携帯電話でできる格安親孝行(香奈さん/39歳/販売員)

iStock.com/kohei_hara
私の嫁ぎ先は、実家から新幹線で2時間もかかる距離。なので、お盆と年末年始くらいしか帰ることができず、なかなか会うこともできません。そこで私がしているのは、子どもの写真や動画を両親のスマホに頻繁に送ること。 「会えないからこそ」の親孝行だと思ってやっています。子どものかわいい瞬間を撮影したら、即座に送信。また、夜に20〜30分くらい時間がありそうなときはテレビ電話をして、顔を見て喋る時間も作っています。 日々成長する孫の姿を見られるのは、とても嬉しいようです。両親も2人きりだと会話も少ないようですが、孫の顔を見ると「生活にハリが出るわ」と喜んでくれています。Wi-Fiさえ繋いでいれば、時間やお金がなくてもできる親孝行。 メールや電話のついでに両親とコミュニケーションもとれますし、安否確認もできるので一石二鳥。負担も少ないので、子どもたちが小さいうちは続けていこうと思っています。