急な予定や病気で、当日欠勤をする人は少なくありません。事情によっては仕方がない場合もありますが、何度も当欠をされると会社全体に迷惑がかかってしまいますよね。ネット上では、「よく当欠をする社員」が話題になっていました。

 

当欠が多いと仮病に感じる?


少人数の会社で働く女性は、「頻繁に当日欠勤する人がいて困る」といった悩みを告白。理由が病欠のため、あまり強く言うことができないそうです。「体が弱いことを責めるつもりはないけど、当日欠勤はなるべく減らしてほしい」と切実に願っていました。当日欠勤に悩まされないために、何か良い方法はあるのでしょうか?

 

当日欠勤に関して頭を抱える人からは、 「業務の割り振りが急に変わることになるので本当に迷惑」 「緊急時じゃない限り、もう少し早い段階で知らせてほしい」 など不満の声が続出。

 

中には、「当欠の理由が咎められないような内容だと、何も言えないからストレスが溜まる…」という人も見られます。

 

また当日欠勤を許してしまう会社に対して、 「当欠の多い人と同じ給料だと不公平に感じます」 「頻繁な当欠は完全に“悪”だと思う。上司が甘やかしすぎなんじゃない?」 といった意見が寄せられていました。

 

当日欠勤に不満を持つ人たちは、他の部分での問題点もあげています。

 

「どんな理由であれ、次の日何事もなかったかのように平然としていたらイラつく」 「人としての信頼性も問題になってくると思う。毎日頑張ってる人がたまに休むのはいいけど、怠慢な人が当欠を繰り返すのは“仮病”を疑うよね」 といった声が。許されない理由として、態度や信頼性も関係あるのかもしれません。