「睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)」で外来を受診するのは多くが大人ですが、子どもにもみられるのをご存知でしょうか。こどものいびきや長すぎる昼寝など、睡眠の気になる状況や具体的な症状、治療法を紐解きます。

子どもにも睡眠時無呼吸症候群はある


iStock.com/AH86
睡眠時無呼吸症候群は、大人の病気と思っている方が多いかもしれません。しかし小児でも2%程度に、睡眠時無呼吸症候群がみられます。 大人にくらべて診断が難しく、気づかないうちに合併症を引き起こしてしまうことも。 長引かせると学習障害や行動障害、肺高血圧症、成長障害などに至るケースもあり、注意と治療が必要です。