iStock.com/kohei_hara
最近では子ども向けの楽しいゲームや、赤ちゃんが泣き止む工夫を凝らした動画やアプリなど、スマホやタブレットで閲覧できる多くの子ども向けコンテンツが開発されています。 育児に追われるママやパパにとっては強い味方ですが、スマホやタブレットを長時間使用することで、子どもの目に思わぬ悪影響を与える可能性があります。 「斜視」もそのひとつ。視力の発達にも支障をきたす、子どもの斜視について詳しく解説します。

 

「内斜視」の患者急増の背景


近年、若者を中心に「斜視」の患者が増えていることが問題となっています。その多くは、一方の目のみが鼻側に寄る「内斜視」です。 発症者の大幅な増加の背景に、スマホやタブレット長時間にわたる使用が指摘されています。