乳幼児に重症な気管支炎や肺炎を引き起こす「RSウイルス」。約7割の赤ちゃんが1歳になる前に感染するといいます。月齢が低いほど重症化しやすく、場合によっては入院治療の必要や死の恐れも。秋頃から流行り始め、冬にピークを迎える「RSウイルス」の症状や注意点、看病のポイントなどを詳しく解説します。

 

RSウイルスってどんな病気?


 

iStock.com/paulaphoto
RSウイルスは、発症者の唾液や鼻水などに触れたりすることでウイルスに感染する、感染症の一種です。 潜伏期間は2~8日。感染症には、一度かかると免疫ができて再びかかりにくくなるものもありますが、RSウイルスは感染を繰り返すのが特徴です。 「2歳までにほぼすべての小児が一度は感染する」と言われていますが、初めて感染したときは重症化しやすいため特に注意しましょう。