注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

シングルマザーが収入よりも「仕事に求めるべき優先条件」とは何なのか?

仕事

2018.11.07

収入・勤務場所・就労時間・残業の有無…シングルマザーが「仕事をする」と決めたとき、条件をすべて叶えるのはなかなか難しいこと。どれも大切ではありますが、優先順位をつけて選ぶ必要があります。今回は3人のシングルマザーに「優先したことと、その理由」についてインタビューしてみました。

 

子どもとの時間を確保して楽しい毎日(紗智子さん/32/事務職)

 

うちの子はいま4歳。延長保育のある幼稚園に預け、私は中小企業の事務員をしています。離婚してシングルマザーになったのは2年前、もちろん働かざるを得ない状況です。それでも子どもとの時間は少しでも長く、大切にしたいと思っています。

自分の学生時代を思い返しても、親が子どもと過ごせるのは長くて20歳頃まで。だから働くなら残業が少なくて、夕方6時のお迎えに間に合うことが一番の条件でした。

shutterstock_463286321

もともとパソコン作業は得意だったので、事務職希望でいまの会社を見つけました。私の経験上ですが、中小企業のほうが社員同士の仲も良く、働きやすい環境が整っている気がします。大手企業だと収入面は安定していて、福利厚生もしっかりしてるんだろうなとは思いますが、私には中小企業があっているようです。

収入はそんなに多くないけれど、子どもに不自由させることもなければ、たくさん我慢させるわけでもない生活。楽しく毎日を過ごせているので、いい選択だったと思っています。

やっぱり息子に自由な道を選ばせられる収入(鈴香さん/38/保険営業)

 

シングルマザーになる前は、スーパーのレジ打ちバイトをしていました。でも離婚を決意したとき、収入を増やせる仕事を探してハローワークへ。たまたま隣の席にいた保険営業の方に声をかけられました。「職種は問わない、人の話はとりあえず聞いてみる」と決めていたので、その場で話を聞くことに。

shutterstock_177952517

福利厚生がしっかりしていて、産前産後休暇や育児休暇だけでなく看護休暇があること、そしてなにより保障給と歩合を合わせ持った給与体系が魅力。「やりよう次第でいくらでも稼げるし、男性の平均収入を軽々超えることもできる」と聞いたときは、俄然やる気が出ました。

目先の収入もですが、厚生年金に加入できること、退職金をもらえることが、なにより嬉しいポイントでした。働き出して8年目になったいまでは、年収も500万円程度に。子どもにはお金のことで不自由させずに、自由な道を選ばせたいと思っています。来年、長男は高校受験。収入があるから「絶対、公立にして」なんてセリフを言わなくて済んでいます。

先輩のアドバイスは「長く勤められること」(由美子さん/35/看護士)

 

シングルマザーになって仕事を探さないといけなくなったとき、残業して収入を取るか、それとも勤務時間が短いところを選ぶか…と悩んでいました。先輩シングルマザーに相談したら「どっちも大切だけど、通勤時間が長くて苦痛なところは続かないからやめたほうがいい」と言われ、目から鱗でした。

目の前に差し迫った現実の中で、自分のことは差し置いて「子どもの過ごしやすい保育園は?」「どれくらいの収入があれば子どもが不自由しないい?」「子どもが突然熱を出したときは?」と…子どものことばかり考えていました。でも「シングルマザーが働くなら、長く同じところで勤めるほうがいい」と彼女は教えてくれたんです。

shutterstock_170106665

そして、保育園も小学校もそこそこ近くて、自転車でも通勤できる距離にあるいまの職場を選びました。子どもを保育園に送って、職場まで自転車で10分! 通勤途中に「今日は行きたくないな〜」なんて考える余裕もなく着いちゃうので、ある意味助かってます(笑)。あのとき先輩に相談して本当によかった、と思っています。

母親の役割だけではなく、父親役までこなさなければならないシングルマザー。そのうえで大事な「働く」こと。何を重視するのか、どこを優先するのか…答えはそれぞれで正解はありませんが、子どものことばかりを考えがちな状況で、同じくらい大切なのは「自身の心と体」です。自分のことも、子どもと同じくらい愛してあげましょう。 

shutterstock_37290385 (1)

ライター:武田みゆき
女の子と双子の男の子、三人の育児に励むシングルマザー。旦那を見切って、保険のお仕事と、医療・美容コラムのライターのお仕事を兼業中。毎日、一進一退中!? 働くママ、がんばります!

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る