注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「プチ起業ママ」が働くママ仲間にイラッとされてるって、その理由

仕事

2018.08.31

最近では、自分の得意分野を活かして起業する「プチ起業」が人気。小さなカフェを開いたり、手作り品を売ったりする「プチ起業ママ」も増えています。
ところがこの「プチ起業ママ」たちの言動が、働くママ仲間をイラつかせているというのです。それはなぜなのでしょうか…?

セミナーに感化され大志を語る、意識高い系ママA子(清花さん/34/会社役員)

スポーツクラブ仲間のA子は、いま流行りのプチ起業ママ。ついこの間まで普通の主婦だった彼女が、ハーブの勉強をして資格を取得したとかで、駅前のスペースまで借りて教室を始めたらしいんです。

shutterstock_35911801

ある日、スポーツクラブの帰り際でした。「ねえ清花さん、私こんなの始めちゃったのよ、ぜひ来てね! これからの生活はロハスじゃないと」とチラシをくれたのですが、正直なところ(はあ? いまさらロハス…)という感想。

あれから3か月ちょっと経ったでしょうか、最近はもっとスゴいことになっていて「この仕事って子ども達が育っていくこの地域を変えていく、そんな意義を感じるのよ。これって社会還元よね!」と、なにかに取り憑かれたかのような言動。意義…社会還元…? 

どうやら自治体の「女性起業セミナー」に通ってすっかり感化されたらしく、大きな志を語る彼女にドン引きするばかり。ところが肝心の事業のほうはというと、まだ片手間で収入も赤字なのだとか。志が高いのは結構ですけど、大丈夫ですか?お仕事のほうは??

最近は、「彼女の声を聞きたくない」という理由でスポーツクラブのコースをナイト会員に変えたママも続出。まあ、私のようなキャリア職ママとしては、気楽でうらやましい話ですが。いっぱしの起業家になったつもりなのか、ちょっと勘違いしていませんか? あなたの勘違い、正直イラつきます!

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る