コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

名前がわからず相手を呼べない事態が仕事に及ぼす予想外の悪影響

仕事

2020.11.26

仕事では多くの人と関わるため、一人ひとりの名前を把握するのが大変ですよね。頻繁にやり取りする関係ならすぐに覚えられますが、接点がない人だとわからないまま過ごすことも…。名前がわからない人がいた場合、どう対処するのが理想的なのでしょうか?

名前がわからない人と仕事をすることに!?

事の発端は、入社して1年ほど経過した女性社員からの「社内に名前がわからない人がいたら、事前に把握するべきだと反省した」という書き込みでした。彼女は“名前がわからない人”と仕事をすることになり、“名前が呼べない”という事態に直面したそう。「本人に名前を聞くのは失礼だと思ったので、先輩に聞いて何とかなりましたが、前もって知ろうとしなかった私が悪かったですね…」と反省しています。

 

彼女の反省コメントを見た人からは、意外にも共感の声が続出。“名前がわからない”問題を経験したことがある人は案外多いようで、「名前を知らない人と関わることになって、とても焦ったのをよく覚えてる。会話に支障が出るから、絶対把握した方がいい」「入社して2年ほど経ってようやく名前を知った同僚がいるんですが、先輩に『今までずっと知らなかったの?』と呆れられました…」といった声が後を絶ちません。

 

>>NEXT 本人に聞くのは絶対ダメ…

1 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る