コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

無職期間が長い人が面接で一髪逆転!?成功の意外すぎる理由は…

仕事

2020.11.19

働き始めるタイミングは人によって違いますが、できれば“無職期間”は短くしたいもの。とは言っても希望通りに就職や転職ができるとも限りません。無職期間が長くなった場合、面接ではどのように説明するべきなのでしょうか?

無職期間が長い人はイメージが悪い!?

まず押さえておきたいのは“無職期間が長い人の印象”ですが、多くの人は「定職に就かずブラブラしている」「親のスネかじり」などのイメージを持っているはず。マイナスイメージが強いため、実際に無職期間が長かった人からは「無職の間は本当に肩身が狭かったですね」「無職期間は、なぜか周りから責められている気がして心苦しかった」などのコメントが多数寄せられています。

 

仕事を始めるには面接を突破する必要がありますが、そのためには“無職期間が長い”というマイナスイメージを払拭しなくてはなりません。長い無職期間を経て就職した人の意見を見ていくと、「よく見せようとするのは逆効果で、正直に無職だった理由を伝えるべき」「嘘をつくのは絶対NG。そのうちボロが出てもっと悪い印象を与えてしまう」といった声が上がっていました。

 

>>NEXT 無職でも自信を持つべき!

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る