注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「リモートワーク」=通勤しなくてOK? 新時代の働き方に注目!

仕事

2020.01.15

仕事をする上で、かなりの負担となる「通勤」。

日本は世界に比べて通勤時間が長い傾向があるとも言われますが、中には片道数時間かけて出社しているという人もいるようです。

そこで、今「リモートワーク」という働き方が注目を集めています。

なんとなく耳にしたことがあるという方もあるのではないでしょうか?

 

リモートワークとはどのような働き方なのか、どのようなメリットがあるのかを見ていきたいと思います。

 

「リモートワーク」とは?

リモートワークというのは、英語の「remote(遠隔の)」「work(仕事)」という言葉が語源です。その名の通り、オフィスなどの一定の場所に出社することなく、遠隔で仕事をするという意味です。

 

具体的には、Eメールや電話、チャットなどを使って連絡を取りながら、従業員が主に自宅を職場として働くことをリモートワークといます。

在宅勤務といえばイメージがつきやすいのではないでしょうか。

 

しかし、在宅勤務とリモートワークには微妙な違いがあります。

例えば、出社の必要がなく、完全に自宅で勤務ができる完全在宅勤務タイプのリモートワーク、月に数回の定期的な出社は求められるが基本的には在宅勤務というタイプのリモートワーク、あるいはオフィス以外の場所をオフィスとして働くことができるリモートオフィスで勤務に就くなど、さまざまなタイプがあります。

 

必ずしも自宅で勤務ができるというわけではないので、リモートワークをしようと思っている人は、一度会社に確認してみましょう。

仕事によってはシフトが自由なものも多く、子どもの急な発熱や学校の行事への参加など、外せない用事が多い働くママにとっても働きやすいというのが特徴です。

 

>>NEXT リモートワークのメリットとは

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る