注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

意外と知られていない副業!スポーツの審判員

仕事

2019.08.11


2018年は働き方改革で「原則、副業・兼業を認める方向で普及促進を図る」ことが進められましたので、副業に興味を持っている方が多いのではないでしょうか?

副業を選ぶ基準は人それぞれです。収入を優先する人もいれば、好きなことに関わってみたいと思っている方もいるでしょう。

今回は、あまり知られていませんが、スポーツ大好きな方におすすめの副業「スポーツ審判員」についてご紹介したいと思います。

 

◆スポーツ審判員

まずは、スポーツ審判員とはどういう仕事なのか確認しておきましょう。

サッカー、バスケットボール、レスリング、野球、テニスなど全てのスポーツはそれぞれのルールに従って競技が行われています。

スポーツ審判員は、ルールに従って競技が行われているかどうかの判断をするため、競技がフェアに円滑に行われるためのサポート役と言えるでしょう。

競技の勝敗を大きく左右する場面に関わることもあります。ですので、スポーツに関する豊富な知識だけでなく公正で的確な判断力も求められます。

また、スポーツの種類によってはプレーヤーたちの動きに合わせて移動することができる体力も必要になって来るものもあります。

例えば、サッカーのように、スポーツ審判員はプレーヤーたちと一緒に走り回ってプレーヤーたちの動きを間近でみて、ルールに沿ったプレーが行われているかどうかチェックしなければならないスポーツもあります。こうしたスポーツ審判員には、ルールに関する知識や判断力だけでなく、体力も必要になります。

また、日本では本業としてスポーツ審判員を行っている人は少なく、プロ野球とプロサッカーだけとも言われています。

スポーツを行うのに欠かすことのできないスポーツ審判員ですが、副業として行っている方が大半を占めているのが現状です。

スポーツ審判員になるには、それぞれのスポーツ協会によって行われている資格試験を受ける必要があります。試験に合格すれば、資格の等級に応じた試合の審判を行うことができるようになります。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【働き方】その他の記事

働き方
もっと見る