2019.05.27

部下の「手伝います」は逆に迷惑!?不機嫌な上司に「声かけのタイミングがわからない」

20190418shigoto01

会社で働く場合は、周りのサポートが必要不可欠なもの。仕事で困っている人を見かけたら、助けに入る人も多いことでしょう。しかし“サポートに入るタイミング”に悩んでいる人もいるようです。

 

仕事を手伝いたいけどどうすれば良いかわからない!


以前“「手伝う・手助け」の良いタイミングがわかりません”というお悩みが注目を集めました。相談者は職場の上司がいつも忙しそうに動いているので、「お手伝いします!」と声をかけたら「いいよ! 大丈夫」と即答で断られてしまったそう。

 

しかし上司は相談者のことを、「私はこんなに忙しいのに手伝ってくれない」と言いたげな目でよく睨んできます。相談者は「自分から手伝って」と言えないタイプなのかと思い、上司が手の回らない仕事をこっそりと終わらせました。ですが上司からは「ありがとう」の言葉はナシ。それどころか不機嫌そうな顔で相談者が終わらせた仕事のデータを消し、仕事を自分でやり直していたといいます。

 

相談者は「私のしたことが『ありがた迷惑』なら本当に申し訳ないと思います」と前置きした上で、「手伝おうとすると拒まれ、手伝わないと嫌な顔をされると、どうしたらいいのかわかりません。ハッキリしてくれない対応がイライラします。邪魔なら邪魔と言ってくれればいい」と不満を露わに。最後に「自分が“手伝いたい相手”に対して、どのようにその旨を伝えたらいいのでしょうか?」と質問を投げかけました。

 

>>NEXT 突然の“手伝います宣言”はかえって迷惑?

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。