注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

転職でブラック企業を見破るための「優良企業認定制度」

仕事

2019.10.16

転職などを行う上で、どの会社が働きやすいのかわかったら便利ですよね。熊本県では、誰もが安心して働ける会社を「ブライト企業」として認定。優良企業をホームページ上に掲載する取り組みを行っています。

 

従業員の満足度が高い「ブライト企業」


ブラック企業と対極の企業をイメージして作られた熊本県の造語「ブライト企業」。若者の県内就職を促進するため、2015年度から「ブライト企業」の認定制度を始めました。優良企業の取り組みを広く周知することで、労働環境や労働条件を向上させるのも目的だそうです。

 

認定されるための基本的な条件は、「従業員とその家族の満足度が高い」「地域の雇用を大切にしている」「地域社会・地域経済への貢献度が高い」「安定した経営を行っている」の4つ。「ブライト企業」として認められれば、「ワンストップジョブサイトくまもと」に企業の紹介ページを設置可能。現在は約300社が「ブライト企業」として認定されていて、求職者が企業を選ぶ指標の1つになっています。

 

「ブライト企業」についてネット上では、「どの企業がホワイトなのかわからない時、ブライト企業は参考になる!」「ブライト企業に載れば応募者も増えるだろうから、多くの会社が認定されるために頑張りそう」「ブライト企業の紹介ページでは、詳細な事業内容がわかるのでありがたい」といった好評の声が相次いでいました。

 

「ユースエール認定企業」は離職率20%以下!?


“ブライト企業認定制度”のような取り組みは他にも存在します。

例えば、優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する「ユースエール認定制度」。“新卒者などの正社員として就職した人の離職率が20%以下”や、“正社員の月平均所定外労働時間が20時間以下”などの基準を満たした企業に与えられます。

 

「長く働きたい」「ワークライフバランスを大切にしてほしい」といった要望に応えた「ユースエール認定企業」は、7月2日時点で549社。若者の採用・育成に積極的な企業のため、転職を考えている人は一度チェックしてみては?

 

さらに独自の“優良企業認定制度”を行っている地域も。

茨城県の「女性が輝く優良企業認定制度」は、女性が働きやすい会社が認定されます。「女性活躍推進」「ワーク・ライフ・バランスの推進」「子育て支援」の3分野から評価され、認定を受けた企業は1~3つ星の「認定マーク」が授けられるシステム。ロゴマークは各社の名刺やホームページ等で使用できるので、女性が会社を選ぶ際の目安にもなりますね。

 

優良企業の事例を知りたい会社多数!?


各地域で様々な“優良企業認定制度”が見られましたが、実際に優良企業を目指している会社はどれほどいるのでしょうか?

福利厚生アウトソーシングサービスなどを行う株式会社リロクラブでは、今年「ホワイト企業」に関するアンケート調査を実施。210社の総務人事担当者を対象に、“ホワイト企業(社員を大切にする企業)を目指す取り組みを行っているかどうか”をたずねました。

 

結果を見ていくと、90%の会社が“ホワイト企業を目指す取り組みを行っている”と回答。取り組み内容については、「長時間労働是正」「ハラスメント防止」「メンタルヘルス」「仕事と治療・介護・育児の両立支援」といったものがあげられています。

 

その一方で、89%の会社が“ホワイト企業を目指す上で阻害要因に感じているものがある”という結果に。「阻害要因」として最も多かった理由は「他社の事例を知る機会がない」。実は“ホワイト企業として他社の優れた取り組みに興味を持っている会社”は78%もいました。

 

今後も“優良企業認定制度”によって、働きやすいと思える会社が増えていくといいですね。

 

文/古山翔

参照/株式会社リロクラブ「ホワイト企業に関するアンケート」https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000045.000024353.html

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【就職・転職】その他の記事

就職・転職
もっと見る