注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

6割以上が月給に不満! 従業員が望む給与決定の“正当な評価”とは!?

仕事

2018.11.14

20181112kyuuyo01株式会社あしたのチームが、中小企業の従業員を対象に「給与」に関するインターネット調査を実施。その結果、従業員は給与決定や評価基準が明確でないことに不満を持っていることが明らかになりました。

 

給与体系に納得していない人は6割超!


まず「給与体系」について質問したところ、最も回答が多かったのは「月給制+賞与」63.8%に。以下「月給制(賞与・インセンティブなし)」は24.5%、「年俸制」は4.0%で「月給と賞与やインセンティブによる給与体系」の人は合わせて70.6%になりました。

20181112kyuuyo02

 

20181112kyuuyo03

次に「月給のうち基本給を除いた手当の数」を調査。その結果、「3個以上」の手当が含まれる人が半数以上の51.5%に。「なし」と回答した人は14.3%に留まっています。

 

20181112kyuuyo04

続いて「自身の給与体系に納得していますか?」と聞くと、「納得していない」との回答が61.8%で6割を超える結果となりました。

 

20181112kyuuyo05

また「月給額に対する満足度」を調査したところ、「満足している」は6.5%、「まあ満足している」は27.0%となり、「満足」と回答した人は3割強という結果に。およそ3人に2人は、月給額に対して不満を持っていることが明らかになっています。

 

月給が上がらないことに不満な人が多い!


「月給額に満足していない理由」は、「金額が上がることが(ほとんど)ないから」(44.0%)、「金額が少ないから」(39.1%)に多くの回答が寄せられました。次いで「自分のパフォーマンスに見合っていないから」(31.6%)、「適正な評価金額でないと感じるから」(29.3%)という回答になっており、成果と月給額にギャップや不満を感じている人も多くいるようです。また「金額の決定方法が明確でないから」との回答も25.9%に。4人に1人が、金額の決定方法を明確にしてほしいと思っていることがわかりました。

20181112kyuuyo06

 

20181112kyuuyo07

最後に、人事評価に対して従業員が「正当な評価」だと思うものを調査。最も多い回答は「評価基準が明確」の49.3%で、半数近くの人が回答しています。次いで「労働時間ではなく成果が評価される」の34.0%となりました。従業員の残業削減・生産性向上が求められる中、現在の働き方の実態に合った人事評価と給与体系を望んでいる人は多いようですね。

 

■調査概要
調査方法:インターネット調査
調査対象:従業員数10名以上300名未満の会社に勤める従業員、男女20歳~59歳を対象に実施
有効回答数:400人
調査実施日:2018年6月18日~2018年6月19日

 

文/原田美咲

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る