注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

今さら聞けないスマートオフィスって?働き方改革にも繋がる新時代のオフィス

仕事

2020.05.31

少しずつ社会に受け入れられつつある“働き方改革”ですが、そのカギになる「スマートオフィス」をご存じでしょうか?

 

働き方改革の目的や、スマートオフィスのメリット・具体例など、新しいオフィス作りについてご紹介します。

 

スマートオフィスとは?

スマートオフィスとは、労働環境やセキュリティを見直し、新しいデバイスの導入などで業務の効率化や生産性の向上を進めた職場のことです。

 

例えば、在宅勤務導入のための整ったネット環境も、スマートオフィスを構成する1つの要因です。

 

ネット環境が整っていれば、どこにいても仕事ができるので、家事・育児・介護・怪我などで出社できない社員でも、自分に合った働き方が可能になります。

 

他にも、デジタルホワイトボードなどの新機器を導入する手段もあります。

 

素早い情報共有、場所にとらわれない複数でのミーティングなどが可能になり、作業の効率化・生産性の向上が期待できます。

 

データ入力や書類分けなどのルーティン作業を自動化にし、ロボット業務に任せればその分の余裕も生まれますね。

 

それに伴い、スマートオフィスにはセキュリティの強化も重要になります。

 

社内セキュリティ、個人認証、遠隔監視など、最先端の防犯ツールが必要とされるでしょう。

 

会社のスマート化は仕事に良い変化をもたらすだけでなく、働く人のストレス緩和にも繋がります。

 

場所や時間にしばられない勤務体制や無駄を省いた作業により、柔軟な働き方が可能になり、今までのストレスからも解放されます。

 

>>NEXT スマートオフィスの導入は「働き方改革」とも関係が? 

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

仕事テーマ : 【コラム】その他の記事

コラム
もっと見る