第12回|親子で観るべきクリスマス映画No.1は…『ホーム・アローン』だ! 

akapen_600-420

クリスマス映画は星の数ほどあるけれど

今年ももう12月。街はクリスマスの装いですね。ところで。皆さんはお好きなクリスマス映画ってありますか?

僕はもう、たくさんありすぎて困るほど。様々な恋愛模様を描き出す『ラブ・アクチュアリー』も最高だし、『素晴らしき哉、人生』も号泣しちゃうし、『グレムリン』もちょっと怖いけど楽しいし、『ダイ・ハード』だってクリスマス・イブですし。

クリスマス映画なんて、選びたい放題な訳ですよ。だからこそ、”どんなクリスマスを過ごしたいか?”を考えて選ばないといけないなと思うんです。

今回で言えば、働くママさんとお子さんが楽しく見れるクリスマス映画!…そうだ、あれしかない。あのドタバタ感は子どもも楽しいし、ママさん世代も懐かしむだろう、あの映画だ!


0a2c0894c2fcebe948560f4201d5f0e3▲先日、あらかわ遊園に遠足へ。息子・晴太朗は観覧車がお気に入り。

 

<一つ前の作品に戻る> 映画『ワンダー 君は太陽』でできる人生の予習とは!?

 

 

赤ペン瀧川のママに捧ぐ映画 

第12回 クリス・コロンバス監督作品

『ホーム・アローン』


日本での公開は1991年。今から27年も前の作品になります。ママさんたちもきっと、子どもの頃に観た記憶があるのでは? 

監督のクリス・コロンバスさんは『グレムリン』や『グーニーズ』の脚本家であり、その後『ホーム・アローン』を監督して注目されました。最近ではハリーポッターシリーズの監督としても有名です。

そして、主演は天才子役と言われたマコーレー・カルキン。

 

主人公ケビン

▲撮影当時はまだ10歳だった彼の出世作となりました。その後、色々と世間を騒がせる事になるんですが…それはまた別の時に。

(C)2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

マコーレー・カルキン扮する8歳のケビンは、頭がいい、ちょっと大人びた男の子。

「チビの末っ子なのに生意気だ!」と兄や姉からはバカにされ、トラブルを起こすので家族から煙たがられているし、本人も「こんなうるさい家族なんていらない!」と強情です。

そんな時、一家はクリスマスにパリ旅行を計画します。家族全員が浮かれまくっていた出発前夜、またもやケビンは問題を起こし屋根裏部屋に追いやられてしまいます。そして、停電事故がきっかけで全員寝坊。慌てて空港に向かいます。

飛行機には無事に乗れた。しかし、何か忘れている。何を忘れているんだろう…ママは気がつきます。

そうだ! ケビンを家に忘れてきた! 

自宅に1人取り残されたケビン。普通なら置いていかれたことを悲しむはず。しかし、彼は悲しむどころか、口うるさい家族がいなくなった!と、初めて味わう自由を謳歌します。

 

homealone-FSPBD1612_SB_S3▲そんな時、2人組の泥棒がケビンの家にやってきてしまいます。さぁ、果たしてケビンは泥棒から家を守ることができるのか!?

(C)2016 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

赤ペン瀧川

1977年生まれ、神奈川県出身。3歳になる息子のパパ。映画コメンテーターとして、テレビやライブ、コラムなど多方面で活躍中。また、「警視庁捜査資料管理室(仮)」や「相棒」、「アウトレイジ」、「コンフィデンスマンJP」、「狐狼の血」など、話題のドラマや映画作品に出演する俳優としての顔も持つ。

4コマ「Web版お仕事はじめました!」|野原広子

連載テーマ : 【赤ペン瀧川のママに捧ぐ映画】その他の記事