注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

働くママの晩ご飯どうしてます?悩む新米ママに「もちろん手抜きで大丈夫!」

家事

2019.06.26

20190425_kazoku_01夫婦共働きだと、家事が回りきらなくなることもしばしば。子育て中はなおさらのことですよね。そんな時にふと、「家族の食事は手を抜きたい」と考えたことはありませんか?

 

共働きだと“手抜き料理”でも仕方ない?


2歳の子どもを持つというママさんは、正社員で時短勤務に励む兼業主婦。仕事を終えて保育園に子どもを迎えに行き、それから準備を始める夕食が目下の悩みだとか。夕方からのスケジュールがハードで、「上手く家事を回せない自分にイライラしている」と言います。

 

そこで「兼業主婦で子育て中の方々は、お迎え後の夜ご飯はどうしてますか? 子ども用と大人用で作り分けしていますか?」とネット上で質問。そんなママさんの悩みに共感の声が殺到し、「兼業主婦の辛いところ。もちろん手抜き料理で大丈夫ですよ!」「わかる! 後ろめたさはあるけど手抜きになっても仕方ないと思う」と反響を呼びました。

 

寄せられた反応を見てみると、たとえ“手抜き”になっても子ども用と大人用は分けて準備している人が多いようす。「自分たちの分は冷凍食品やレトルトのお惣菜をよく買ってるかな」「子どものご飯で手一杯だから大人用はレンジでチンできるものが定番」「どうしようもなく忙しいときはカップラーメンで済ませます…」「最近はコンビニでも栄養バランスを考えたレトルト惣菜が出てるから愛用してる!」といった声が続出しています。

 

手抜きでも栄養バランスには注意!


レトルト食品以外にも、“時短料理”のアイデアが続々。「夕方にドタバタする分、朝早めに起きて準備してます」「煮物とか冷凍できるものは作り置きでストックしておくのがおすすめですよ!」「最初から味つけされている肉や魚を買えば、あとは焼くだけだから重宝してる」とアドバイスが寄せられました。

 

ほかにも様々な“手抜きアイデア”が見られ、「多少回数が多くなっても夏場はそうめん、冬場は鍋で我慢してもらう」「夫婦共働きとなると外食や出前が増えても仕方ないよね」という意見が。また最近はカット済みの材料が届く、“食材配送サービス”を利用している人も増加。「コープ(生協)」や「Oisix」などの“ミールキット”がおすすめされています。

 

共働きの主婦が抱える“献立・料理”の問題


献立アプリ「MENUS」を運営する合同会社「DMM.com」では、今年2月に「子育て中の共働き家族への料理・献立に関する調査」を実施。“共働きのフルタイム勤務・子育て中・週3回以上自身で料理を行う”女性を対象にしたアンケートから、献立作りの負担や栄養バランスへの不安感といった実態が明らかになりました。

 

たとえば「調理に必要な時間と費やせる時間はどれくらい?」という質問では、“必要な時間”は「60分」が最多だったのに対して“費やせる時間”は「30分以内」が最多に。調理時間の理想と現実に、どうやら大きな隔たりがあるようです。

 

「栄養に関する知識・リテラシーに自信がありますか?」という質問では、「あまりない」が37.4%、「全くない」が18.9%で半数以上の人が“自信がない”という結果に。ちなみに「ある」と答えた人は8.2%、「それなりにある」という人は38.2%にとどまっています。また「栄養バランスの配慮ができない理由は?」という項目では、「料理のレパートリーの少なさ」(48%)、「栄養に関する知識不足」(47.6%)、「調理する時間の不足」(44.9%)と僅差で続きました。

 

家庭内で密なコミュニケーションを図り、少しでも効率よく家事を回せたらいいですね。

 

文/内田裕子

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る