コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

里田まいさんご懐妊! 田中将大投手を支える”ご飯”に再注目

家事

2019.04.04

20190403satoda01大リーグのニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大投手が、3月25日に自身のTwitterを更新。奥さんである里田まいさんの第2子妊娠を発表しました。おめでたい報告に、ネット上からは祝福の声が続出しています。

 

第2子妊娠を発表した田中投手&里田さんに祝福の声!


田中投手はTwitterで

 

私事ですが、今日は皆様にご報告があります。 この度、第2子を授かりました。 出産は6月頃の予定です。 新しい家族が増えることを嬉しく思い、今からとても楽しみにしております。 是非、温かく見守っていただけたら幸いです。

 

とファンに向けてメッセージを綴っていました。

 

2人目の命を授かった里田さんは、35回目の誕生日である3月29日にInstagramを更新。祝福の声に「沢山の温かいコメントをありがとうございます」と感謝し、「新しい命の誕生、とても楽しみにしています」と今の気持ちを明らかにしました。

また、「ヤンキースタジアムへ行ってきました」と田中投手の試合を見に行ったことを報告。「大きな舞台で戦う夫の姿にまたしても惚れ惚れしました」「勝って、良かった!!!!」と喜びを爆発させています。

 

里田さんの投稿に、ネット上からは「ご懐妊、お誕生日、田中選手の勝利、トリプルでおめでとうございます! お身体大切になさってくださいね」「内助の功が素晴らしいし、今でも仲が良くて微笑ましい夫婦です!」「この夫婦の笑顔を見てると、本当に幸せなんだなというのが伝わってくる」などの声が続出していました。

 

アスリートを支えるご飯がハイクオリティすぎる!


2012年に田中投手と結婚した里田さんは、アスリート向けの食事管理術を学んで“ジュニア・アスリートフードマイスター”の資格を取得。SNSやブログで公開しているクオリティの高い料理が度々話題になってきました。

 

とある日の献立は、「牛タン&キャベツの千切り」「アサリの酒蒸し」「ゴボウサラダ」「カブの浅漬け」「タコとささみとキュウリとワカメの酢の物」「トマトのかき玉スープ」「玄米+白米」「キウイ」の8品。里田さんは「牛タンは脂が多いので他はさっぱりと」とコメントしています。

 

またとある日は、食卓に並んだ「ゴーヤチャンプルー」「ホタテとニンニクの芽のおろしポン酢」「野菜サラダ」「カブの浅漬け」「枝豆」「もずく酢」「ひじきときのことチーズの炊き込みご飯」「具沢山お味噌汁」の画像をアップ。「ひじきって身体にいいからたくさん食べたいけど、ひじき煮ってあまりたくさんの量は食べない…」「なのでご飯に入れちゃうことが多いです」と綴っていました。

 

これらの献立を見た人たちからは、「栄養のバランスも良さそうだし、彩りも綺麗で美味しそう!」「一汁六菜くらいある!? バランス良さそうだし、毎日これだけの量作るなんて凄いなぁ」「この料理を毎日作ってるのスゴイ。私も少しは見習って頑張ろう(笑)」といった声が。田中投手が活躍し続けるのは、里田さんのご飯が原動力になっているからなのかもしれません。

 

里田さんの子育てのテーマは“とにかく焦らず、頑張りすぎない”


自身の名前を冠した“里田米”をつくるなど、食材や料理にこだわっている里田さん。第1子を出産した2016年には、離乳食のことについて語っていました。

 

里田さんの子育てのテーマは“とにかく焦らず、頑張りすぎない”というもの。すでにアメリカへ渡っていたため、離乳食は「アメリカ式と日本式の両方をうまく取り入れて進めていこうかと」と綴っています。

 

里田さんは、オーガニックのライスシリアルをミルクに溶いてあげていたそう。すると先輩ママから、「ほとんど食べないし毎回作ってたらたーいへん! オーガニックのあるし、市販のいいよ~!」とのアドバイスが。そのため、市販のライスシリアルとお粥を組み合わせながら離乳食を作っていると明かしていました。

 

最後に里田さんは、「文化や言葉の違いでわからないことも多いけれど、日本にいたら出会うことのなかった人、いろんな話が聞けたり、見たり出来るこのような環境で育児出来ることは貴重で幸せなことです」とコメント。「もっともっと色んな経験を家族で出来たらいいな!」と抱負を語っています。

 

アメリカでアスリートの旦那さんを支えて、子育てにも奮闘する里田さん。今後も良妻賢母な姿に注目が集まりそうですね。

 

文/長谷部ひとみ

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る