注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

そんなところにも!?超便利なラップ活用術

家事

2019.04.10

62-1

食品を包むラップは、キッチンで欠かせないアイテムの一つです。食品を保存したり、ニオイ移りを予防したり……。非常に便利に使えます。

とはいえこの食品用ラップ、キッチンだけで使っているのはもったいないのかも……!? 実はキッチン以外でも、日常生活のさまざまな場面で活用できます。

ラップの力を有効活用した、オススメの活用法を紹介します。

 

■お掃除アイテムとして活用

62-2

特殊な素材を使い、くるんだものを密閉できるという特徴を持つラップは、お掃除アイテムとしても活用できます。「いったいどう使えば良いの?」と悩んだときには、以下の例を参考にしてみてください。

★丸めてお掃除

まずはラップを丸めて、スポンジのように使う方法です。やり方は簡単で、不要になったラップをくしゃくしゃにしたものを使って、汚れが気になる場所をこするだけでOKです。住宅用洗剤とセットで使うことで、汚れを落とす能力をより一層高めることができるでしょう。

ラップは丸めて使うので、食品保管用などで使い終わったラップを、再利用してもOKです。作り置きしておいた料理からラップを外したら、隙間時間を見つけてくるくるとお掃除してみてください。

シンク内部の水垢や、ガスコンロの天面、ガスコンロの五徳など、手ごわい汚れが気になる場所にも便利に使えます。使い終わったあとは、もちろんそのままゴミ箱にポイでOKです。

★貼り付けてお掃除

バスルームのカビ汚れや、こすっただけでは落ちない頑固な水垢などには、ラップを貼り付ける方法で掃除をしましょう。カビ取り剤やクエン酸など、該当の汚れに強い洗剤を塗布したら、ラップを使って密着させます。

こうすることで、洗剤が流れ落ちてしまうのを防ぎ、汚れに対してダイレクトに働きかける環境を作り出せます。時間を置いたらラップを外し、よく洗い流してくださいね。

 

■衛生用品として活用

ケガをしたときには、ガーゼやばんそうこうで手当てをするのが一般的です。しかし手元に、こうした衛生用品がない場面もありますよね。こんなときにも、実はラップが活躍してくれます。

ケガをした部位をきれいに洗い、ラップで密着させるようにくるんでください。こうすることで、患部を雑菌から守ることができます。1日に2~3回取り替えることで、清潔さをキープすることができます。

また患部をきれいに洗ったあとに、傷の大きさに合わせてカットしたラップに、白色ワセリンを塗って貼る方法もオススメです。

■ホコリ除けグッズとして活用

対象物に密着して守る性質があるラップは、日常生活の中のさまざまなアイテムの「ホコリ除けグッズ」としても使えます。やり方は非常に簡単で、ホコリが気になるアイテムを、ラップで巻けばOKです。

特にオススメのアイテムは以下のとおりです。

・テレビやエアコンのリモコン
・趣味関連グッズ
・パソコンのキーボード

どれもホコリが溜まりやすい上に、細かなパーツも多く、お掃除がしにくいという特徴があります。あらかじめラップを巻いておけば、美しい状態をキープできることでしょう。

ラップが破れたりよれたり、汚れてしまったりしたときには、遠慮なく剥がして新たに巻き直してみてください。安価にできるホコリ除け対策なので、いつでも手軽にやり直すことができますよ。

 

■美容グッズとして活用

ラップは、女性の美容グッズとしても活躍してくれます。以下の3つの例を参考にしてみてください。

★ダイエットに

女性のダイエットにおいては、「体重を減らしたい」という目的と共に「気になる部分を引き締めたい」という目標がセットになっているケースも多いもの。この「部分痩せ」を狙うときに、ラップが効力を発揮してくれます。

ウォーキングやジョギングなどを行う前には、引き締めたい部位にラップを巻いてみてください。ラップが皮膚に密着して、発汗効果を高めてくれます。運動を終えた後には、ラップを巻いた部分がじっとりと汗で濡れていることを実感できることでしょう。

ただし肌質によっては、汗やラップが刺激になってしまう可能性も。負担がかかっていないかこまめにチェックしながら、実践しましょう。

★顔のパックに

お風呂のあとに、化粧水や美容液で肌の調子を整える際にもラップを活用してみてください。基礎化粧品を肌に乗せたあとに、ラップで覆えばOKです。肌の表面から水分が蒸発するのを防ぎ、基礎化粧品の成分を、じっくり肌へと浸透させてくれますよ。

ただし口や鼻を覆ってしまうと、呼吸ができなくなってしまいます。充分に注意して行ってみてください。

★ヘアケアに

肌と同様に、髪のケアにもラップが使えます。トリートメントをしたら、髪全体を包み込んで成分を浸透させていきましょう。

セルフカラーをするときにも、ラップを使って髪全体を覆うことで、全体をムラなく仕上げることが可能となります。ぜひ実践してみてください。

 

■まとめ

ふだんはキッチンにあることが多いラップですが、実はそれ以外の場所でも、さまざまな役割を果たしてくれます。ラップを有効活用することで、より快適な生活を手に入れることができるのかもしれません。

ラップは、いつでも気軽に購入でき、さらに単価が安いというメリットもあります。調理や食品保管だけではなく、あらゆる用途で活用してみてくださいね。掃除や美容、いざというときの応急処置など、助かる場面も多そうですよ。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る