注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ポテトサラダで”ふわとろ” なあの料理が!? 子どもでも失敗しない超時短レシピ

家事

2018.09.27

180927kodmo01子どもと一緒に作る料理は楽しい反面、ケガなどの不安要素がいっぱい。何より毎日大忙しなママたちは、親子で料理する時間の確保も難しいところですよね。そんな時は、時短レシピに頼ってみてはいかがでしょう。簡単且つ時短レシピで親子の絆を深められるかも。

 

寺田心さんのココロを掴む「お麩で作るラスク」


7月26日の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、料理ド素人の関ジャニ∞・横山裕さんの看板企画「大ヨコヤマクッキング」を放送。子役タレントの寺田心さんをゲストに迎えて、子どもと一緒に楽しめる“超時短レシピ”に挑戦しました。

 

まずは、たった5分でできる「ふわとろ天津飯」の作り方から。はじめに耐熱ボウルに卵・しいたけ・シーフードミックス・塩、さらにポイントとなる“ポテトサラダ”を加えていきます。卵がポテトサラダにしっかりと馴染んだら、ラップをして500Wの電子レンジで加熱。卵が固まらないように、50秒ずつ3セットに分けて温めるのがコツです。

 

続いて紹介された“おこげご飯”作りでは、まずしょうゆとバターを混ぜ合わせたご飯をラップを使いながらピザのように平たく伸ばしていきましょう。あとは平たくしたご飯をフライパンで焼き上げれば、おこげご飯のできあがり。

 

最後の決め手となるソース作りには、水・酢・片栗粉・砂糖・ケチャップを使用します。調味料を混ぜ合わせて、1分間電子レンジでチン。あとはおこげご飯の上にふわとろ卵をのせて、ソースをかければ「ふわとろ天津飯」の完成です。

 

続いては、ママタレント・小倉優子さん考案の「お麩で作るラスク」をレクチャー。まず最初に砂糖・牛乳・バターを入れたフライパンを中火にかけて、バターが溶けてきたら今回の目玉“お麩”を投入します。あとはキャラメル色になるまでお麩をかき混ぜるだけ。

 

実際に寺田さんがラスクを試食したところ、「すごい!」「(ラスクって)パリっとするじゃないですか。あそこの部分が実際になってるんですよ」とラスクの再現度にビックリしていました。お麩は栄養も満点なので、子どものおやつとしてもおすすめ。

ボウルやお皿も使わずに“スコーン”作り!?


小倉さんが考案する“おやつの時短レシピ”は他にも。以前放送された『ヒルナンデス!』では、短時間かつ簡単に自宅で作れる“スコーン”の作り方が紹介されました。

 

まずはじめにジッパー付き保存袋にホットケーキミックス・バター・絹ごし豆腐を投入し、全体に馴染むようにもみ込んでいきます。粉っぽさがなくなったら、続いて保存袋の両端をはさみでカット。保存袋をバット代わりにして生地を4等分に丸めて、余熱をしたトースターで10分間加熱すればスコーンのできあがりです。

 

番組を見てスコーン作りに挑戦した人は多いようで、ネット上では「お菓子作りをまったくしない私でもできた。はちみつとの相性がたまらない!」「ゆうこりんのスコーンが簡単すぎて、かれこれ3回は作ってる」「早速3歳の息子とスコーン作りに挑戦しました。楽しく作れておすすめです」と好評の声が続出。

 

どれも簡単で子どもが喜ぶレシピばかりなので、きっと親子で料理を楽しめるはずですよ。

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る