注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

五右衛門の味を完全再現!? プロも認めた人気冷製パスタの作り方

家事

2018.09.12

2018.09.19

20180911pasta01女性たちを虜にし続ける罪な炭水化物「パスタ」。バリエーション豊富で、味に飽きが来ないのも魅力のひとつですよね。もちろん市販のソースでも美味しいパスタは作れますが、たまには気分を変えてお店の味を再現してみるのも面白いですよ。

 

五右衛門の味を自宅で


8月18日の『めざましどようび』(フジテレビ系)では、料理研究家・浜田陽子さんによる料理コーナー「完全再現!? レシピ」を放送。パスタチェーン店「洋麺屋 五右衛門」の人気メニュー“豚しゃぶとたっぷり香味野菜の冷製和風おろし”の再現レシピに挑戦しました。

 

まずはパスタを茹でる作業から。五右衛門では本来1.65mmのパスタを使っていますが、今回は市販でよく売られている1.6mmのものを使用します。浜田さん曰く、麺の茹で具合は袋の表示通りでOK。パスタを茹でている間に、味の決め手となるソースを作っていきましょう。

 

はじめに“パスタ用のソース作り”をご紹介。ソースの材料となるゴマしゃぶのたれ・めんつゆ・水・すりゴマ・砂糖・にんにくチューブをよく混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やしておきます。

 

続いて作る“豚しゃぶ用のソース”では、すりゴマ・めんつゆ・水を使用。お好みで砂糖と醤油を加えたら、いよいよレシピも折り返し地点です。まずは水菜・万能ねぎ・白ねぎ・大葉・みょうが・生姜を食べやすいサイズにカット。

 

豚バラ肉を茹でる際はサッと火を通し、冷水でしめてしっかり水をきります。さらにパスタを器に盛りつける前にもポイントがあり、「パスタの水切りは2つのザルに移し替えながら行う」「盛りつける前にパスタをソースに絡める」と味にムラがなくなりますよ。

 

あとはパスタと野菜、ソースをかけた豚バラを盛りつけて、大根おろし・かいわれ大根・刻み海苔・いりごまをトッピング。仕上げに大根おろしに七味を振ったら、五右衛門冷製パスタの完成です。

 

五右衛門の商品開発部長・石原勇樹さんが実際に試食してみたところ、味の再現は10点中9点という結果に。ネット上では「自宅で五右衛門の味が出せるの!?」「材料さえ揃えれば簡単に作れそうだから、今度挑戦してみよう」など反響の声が続出しました。プロも認める再現度の高い冷製パスタを、ぜひ自宅で味わってみてはいかが?

 

「#うちのパスタ」でパスタ作りの参考に!


市販のソースでパスタを作る人もいれば、自己流のお手製パスタを楽しむ人も。どんなオリジナルパスタがあるのか気になる人は、ぜひTwitter上で「#うちのパスタ」で検索してみて。様々なお手製パスタがヒットするので、パスタ作りの参考になるかもしれませんよ。

 

中には「賞味期限寸前チーズのお片づけパスタ。にんにくで香りづけしたオリーブオイルで、ベーコン・茄子・ミートソース・パスタ・チーズを炒めるだけ」「呪いのように毎週届くサツマイモの消費に、サツマイモのチーズクリームパスタ。クリームの代わりに牛乳、つまみ用のチーズで風味をつける」など、余った食材を活用したパスタも。

 

「#うちのパスタ」のほとんどが写真つきでアップされているので、作り方が載っていないものでも真似しやすいかも。パスタのバリエーションを増やしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る