コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

”推し弁おかず”総選挙!回答率82%を獲得した国民的メニューは…

家事

2018.05.30

2020.10.29

180530bentou01毎日のようにお弁当を作っていると、おかずのバリエーションなどに困ってしまうことも。とはいえ、毎日飽きのこないお弁当を作るのは中々至難の業です。そこで今回は全国のお弁当事情を紹介していくので、参考にしてみると良いかもしれません。

 

「テンションが上がる推し弁おかず」第1位は?


5月16日に「一般社団法人日本コナモン協会」は、2040代の女性500名を対象とした「『お弁当のおかず』および『からあげ』に関する調査」の結果を発表。「小・中・高校時代、お弁当に入っているとテンションがあがった推しおかずは?(複数回答可)」という質問に対する回答は、1位「からあげ」(82%)、2位「ハンバーグ・ミートボール」(60%)、3位「ウインナー・ソーセージ」(55%)といった結果になりました。

 

2位の「ハンバーグ・ミートボール」に32ポイントもの大差をつけ、「からあげ」が“推しおかず”の王者に。また「からあげ」を作る頻度には地域差があるようで、いちばん多く作られているのが「九州(44%)」、2位が「北海道・東北(35%)」で、3位に「関西(31%)」と続きます。

 

さらに同アンケートでは、「小・中・高校時代にお弁当に入っていた『おかず』の思い出」も調査。回答者からは「たまに、お弁当箱がたこ焼きで埋まっていた(42歳・大阪府)」「手作りの串カツが二本。とっても美味しいけど、串カツを女子高生が食べるのには恥ずかしさの方が勝り串からこっそり外して食べていた(28歳・静岡県)」といったエピソードが寄せられていました。

 

今回の調査結果を受けて、ネット上では自分の推しおかずを発表する人が続出。「個人的にはウインナー一択。むしろウインナーだけで白米食べれる」「塩サバが入ってたらテンション上がるなぁ~」「母が作る甘い卵焼きが大好きだった」「だし巻き卵が最強」「ソースカツが至高」といった声が寄せられています。

 

お弁当作りは15分以内」が多数派?


“お弁当”に関する調査は、以前から様々なところで行われてきました。昨年は「ニチレイフーズ」が、47都道府県のお弁当事情に関する3万人規模のアンケートを実施。「最もよくお弁当を作る県」についても調査され、1位「新潟県」、2位は「岩手県」、第3位は「秋田県」という結果になりました。

 

また「お弁当を作るのにどれくらいの時間をかけていますか?」という質問には、30%の人が「15分以内」と回答。「10分以内」と答えた人が19%だったことから、およそ半数にあたる49%の人が15分以内にお弁当を作っていることになります。ちなみに「お弁当を前日から準備する」と答えた人は31%と意外に多く、みな段取りよくお弁当を作るために色々と工夫をしている模様。

 

「お弁当ってこんなんで良いのだろうか…」と不安になった時は、他の家庭のお弁当事情を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る