コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

平野レミさん直伝!15分で完成する「大江戸ラーメン」

家事

2018.05.16

2020.10.29

180516ooedoramen01

毎日料理を作るのは大仕事。家事や仕事で追われていると、「たまには手ぬきしたい!」と本音を漏らしたくなることもありますよね。今回は、15分で2品できる簡単メニューをご紹介。料理初心者でも簡単に作れるので、ぜひ参考にしてください。

 

たった15分で2品完成!?


4月19日放送の「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」(TBS系)には、料理愛好家・平野レミさんが登場。料理初心者でも作れるスピードメニューを教えてくれました。

 

まず平野さんが紹介してくれるのは、簡単に作れる「大江戸ラーメン」。長ねぎをみじん切りにして、サラダ油で揚げ焼きにしましょう。ポイントは、サラダ油が冷たいうちに長ねぎを入れること。キツネ色になったねぎをとりだしたら、こうばしい焦がしねぎが完成。

 

続いては麺をゆでながらスープ作り。中華麺を袋の表示時間どおりにゆでているあいだに、鍋にお湯と和風だしを投入します。しょうゆ、オイスターソースなどを混ぜて煮たらスープの完成。麺を器に盛ってスープを注ぎ、具材をトッピングしていきましょう。

 

しかし平野さんはここで痛恨のミス! トッピングのチャーシューを作り忘れていたようです。もう麺にスープを注いでしまいましたが、ここから急いでチャーシューを作ることに。鍋にしょうゆ、みりん、和風だしを入れ、ひと煮立ちしたところで豚バラ肉をしゃぶしゃぶします。普通のチャーシューを作るのは大変ですが、ペラペラのお肉ならアッという間にできあがり。ラーメンにチャーシュー、焦がしねぎ、ゆで卵、焼きのりをのせれば、ものの15分で「大江戸ラーメン」が完成。実際に食べたDAIGOさんは、「おいしい! お店の味みたい!」と絶賛していました。

 

また、ラーメンを作っているあいだに「砂肝ラー油」を用意するのもおすすめ。沸騰したお湯に砂肝を入れ、再び沸騰したらとりだします。アツアツの砂肝を袋に入れ、しょうゆとラー油を加えてもみ込んだら15分放置。器に盛って卵黄をのせるだけで、おつまみにも最適な1品が完成です。

 

珍トッピングも人気!?


ラーメンのトッピングといえば“メンマ”や“チャーシュー”、“のり”などが定番ですが、ネット上ではさまざまなトッピングを楽しむ人も。「チャーシューよりスモークチキンの方が好き」「しょうゆラーメンにふわふわのオムレツをトッピングするのはうちだけ…?」といった珍しい意見も見られました。

 

中には「絶対誰にも理解されないんだけど、インスタントラーメンを汁少なめで作って納豆と卵を入れるのがめっちゃうまい」との声も。「まったく味が想像できない!」「気持ち悪い」といった反応が上がっていましたが、「ラーメンに生卵は結構見るし、焼きそばに納豆が合うから意外といけるのでは…?」と好意的な声も。投稿者によると「健康的な油そばみたいでうまい」とのことなので、気になる人は試してみてくださいね。

 

簡単に作って食べられる大江戸ラーメン。忙しい日のご飯に重宝するので、ぜひレパートリーに加えておきましょう。

 

文/長谷部ひとみ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る