コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

肉汁が溢れるハンバーグを作る裏技ランキング「4位は手早く混ぜる…じゃあ1位は?」

家事

2020.11.11

テレビや雑誌などではおいしいハンバーグを作るための裏技をよく見かけますが、たくさんありすぎて、結局どの方法を実践すればいいのか迷いますよね。そこで今回は、厳選したおすすめのテクニックを紹介していきましょう。

“冷やす”ことが美味しさの秘けつ

以前放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、「ジューシーなハンバーグを作る裏技」を特集。全国のハンバーグ店にアンケート調査をおこない、“本当に使える裏技”をランキング形式で発表していました。

 

まず第4位にあがった裏技は「手に油をつけてタネの表面をなめらかにする」。焼いた時にタネが割れにくくなるため、“肉汁の流出防止”につながります。またミンチが手にまとわりつくのを防ぐ効果もあるので、タネの成形をラクにできるかもしれません。

 

同じく第4位の「肉は冷やしておき高速で一気に混ぜる」というやり方も、ジューシーに仕上げる方法の1つです。長時間タネを練ると“手の熱”で肉の脂が溶け出し、パサつく原因に…。しかし事前に冷やしておいた肉を素早くミックスすれば、“焼きやすくしっかりとした食感を得られる”とのことでした。

 

また肉の脂を溶かさないテクニックとして、第3位の「ボウルを冷やしながらタネを作る」もおすすめ。ベタッとした食感を防ぐために、お肉全体を冷やしながら混ぜ合わせてくださいね。

 

>>NEXT ふっくら食感を生み出す第1位の裏技とは?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る