コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「丸亀製麺」社長直伝の釜玉うどんアレンジ法に「見てるだけでよだれが…」

家事

2019.10.01

うどんチェーン店「丸亀製麺」といえば、個性的なうどんのメニューが特徴的ですよね。今年9月に放送された『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)では、丸亀製麺の社員がイチオシするアレンジ方法を紹介していました。

 

「カレー」と「麺」が別々に注文できる!?


同番組で登場したのは「明太釜玉うどん(並430円)」と「ごはん(130円)」を組み合わせた裏ワザ。まず明太釜玉うどんの麺だけを食べて、完食後のどんぶりの中に玉子と明太子を残します。その残った玉子と明太子をごはんの上にかけ、無料で提供されている天かすとねぎをトッピング。最後に出汁醤油で味つけすると、「明太釜玉ごはん」の完成です。明太子と玉子のテイストを2度美味しく味わえますよ。

 

続いて紹介された社員ならではの食べ方は、3つの味が1度に楽しめるアレンジ。ポイントは「カレーうどん(並490円)」を注文する際、「カレーうどんのカレーと麺を別でもらえますか?」と伝えて別々に提供してもらうことです。これと「ごはん」「温泉玉子(70円)」「熱々のかけ出汁(無料)」を用意。かけ出汁に天かす・しょうが・出汁醤油を投入し、特製のつけ出汁を作ったらつけ麺風にうどん単体が楽しめます。うどんを思う存分堪能したら、カレーにごはんと温泉玉子を入れてください。あとは天かすとねぎをトッピングするだけで「絶品カレー雑炊風」のできあがり!

 

社長直伝のアレンジ版「釜玉うどん」!


最後にアレンジ方法を伝授してくれたのは、なんと丸亀製麺を運営する株式会社トリドールホールディングスの社長。「1番大好き」という「釜玉うどん(並360円)」を使ったアレンジメニューの作り方は、はじめに出汁醤油を2周半かけ回します。半分食べ終わった後、「熱々のかけ出汁」をかければ溶き玉子風に仕上がるとのこと。社長はこのアレンジ方法を、「釜玉うどんの玉子がほんのり固まる」「これが美味しい!」と絶賛していました。

 

アレンジレシピの数々にネット上では、「よく丸亀製麺に行くから試してみたい!」「カレーとごはんが別で頼めるなんて知らなかった。別々に楽しめるのは一石二鳥だね」「まさか社長直伝のアレンジがあるとは…。見てるだけでよだれが出てきた」といった反響が。

 

ちなみに同番組では「社員300人が選ぶ絶対に食べるべきメニューランキング」も公開されています。結果を見ていくと3位は「ぶっかけうどん」、2位は「かけうどん」。栄えある第1位に輝いたのは「釜玉うどん」でした!

 

「うどん派」が多いのは関西圏!


日本発祥の麺類でも、派閥が分かれるのがうどんとそば。そこで今回はうどん派とそば派、どちらが多いのかを見ていきましょう。

 

株式会社ドゥ・ハウスが行った「『うどん派・そば派』に関する調査」によると、「うどん派」の人は46.5%。一方で「そば派」は35.3%と、「うどん派」が「そば派」を11.2%上回っていました。しかし男女の内訳を見たところ「うどん派」では女性が6割、「そば派」は男性が6割を占めています。

 

またそれぞれの派閥には、出身の地域によっても異なる傾向が。関西・四国出身者は「うどん派」と回答する割合が高いのに対し、関東出身者は「そば派」の人が多く見られました。特に四国は“うどん県”としても名高い香川県が含まれるため、出身者からの支持を得たようですね。

 

うどん派とそば派に分かれていますが、できればどちらも美味しくいただきたいところ。うどんの美味しさを引き出すためにも、丸亀製麺に訪れた際はアレンジメニューを試してみてはいかがでしょうか?

 

<あわせて読みたい人気特集>

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る