注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

火を使わない!レンジで10分の時短カレーが美味い訳

家事

2019.09.01

幅広い世代から親しまれている「カレー」。しかし、調理に時間がかかってしまうことから「作るのが面倒」と感じている人も多いようです。そこで今回は、7月30日放送の『あさイチ』(NHK)で紹介された“簡単に絶品カレーを作るワザ”を見ていきましょう。

 

火を一切使わない「レンジカレー」のレシピ大公開


火を使わない“カレーレシピ”を教えてくれたのは、料理研究家の寺田真二郎さん。寺田さんによると、電子レンジを利用すればたった10分でおいしいカレーを作れるそうです。

 

まずは、玉ネギやニンジンなどの野菜を薄くカット。レンジでも熱がしっかり入るよう、厚さは3mmほどに整えましょう。薄切りのお肉を用意したら、「リンゴ酢」を絡めて10分ほどつけておくのがポイント。柔らかくて食感の良い肉に仕上がります。

 

しかしこのまま電子レンジで加熱しても、カレーならではの「コク」や「旨味」を引き出せません。そこで活躍するのが「ツナ缶の残り汁」。ツナ缶のオイルには、旨味成分“イノシン酸”がたっぷり含まれています。野菜のグルタミン酸と合わさることにより、相乗効果でさらに旨味アップ。

 

“ツナ缶オイル”を足した後は電子レンジで3分温め、水を足してからさらに2分加熱してください。刻んだカレールーを溶かし入れてから「トマトジュース」をプラス。最後に5分温めたら「レンジカレー」のでき上がりです。

 

>>NEXT カレーは香りで食べるもの!?

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る