注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

みきママ「電子レンジで作れるお好み焼き」の簡単さがもはや大発明!

家事

2019.07.27


“家ごはん”にフォーカスした料理を生み出している“みきママ”こと藤原美樹さん。公式ブログでは手軽に調理できるレシピが多数掲載されています。中でも最近「簡単すぎる!」と話題になった、「広島風お好み焼き」の作り方を見ていきましょう。

 

電子レンジを有効活用!


7月10日に藤原さんは、公式ブログに「広島焼きを電子レンジで作ろう!!」というタイトルの記事を掲載。紹介されていたのは全ての具材を皿に乗せ、電子レンジで加熱する画期的なレシピでした。

 

はじめに、ラップを敷いた直径22㎝×高さ5㎝くらいの耐熱皿を用意。その上に卵1個、水大さじ2分の1を混ぜて流し入れます。続いて投入するのは、せん切りキャベツ8分の1個分。

ここで、キャベツの上からかける小麦粉液を作ってください。薄力粉20g、水大さじ3、かつおだしの素小さじ1、天かすと小エビ各大さじ1をミックス。混ぜ終わった小麦粉液は、スプーンを使って全体にかけましょう。

 

お好み焼き完成まで、あともうひと息! 上に豚肉70gを広げて、塩とコショウをひとつまみずつかけます。積み重なった食材の上に乗せるのは、軽くほぐした焼きそば1玉。また焼きそば自体には、塩ひとつまみとかつおだしの素小さじ4分の1で味つけします。

お好み焼きソースを4周回しかければ、あとはラップをして600Wの電子レンジで5~6分加熱するだけ。

 

加熱が終わったら、直径26㎝の皿を上に被せながらひっくり返します。最後にお好み焼きソースと、青のりをかけることもお忘れなく。

 

子どもと一緒にピザを作る藤原さん


藤原さんはお好み焼きについて、

 

広島風のお好み焼きができます!! 火を使わなくていい大発明のお好み焼きです!! 広島の方、広島風ですから。風です~!! お許しください!!

 

とコメント。あくまでも“広島風”だと言い張っています。

 

材料を皿に乗せる斬新なレシピに、「これは本当に簡単!」「今まではフライパンやホットプレートを使っていたので、お好み焼きのハードルが高かったんですよね…」「手軽に作れそうだし子どもにも手伝ってもらおう」といった絶賛の声が。

 

“おうち料理家”としても知られる藤原さんは、子どもと一緒に料理をすることも多いようです。以前公式ブログには、ホットプレートを使ってピザを焼く子どもたちの様子が。アップされた写真には3人の子どもが仲良く、生地を伸ばしたりトッピングをかける微笑ましい光景が写っていました。

 

シンクに「三角コーナー」がない理由


そんな藤原さんは子どもと料理を楽しむため、キッチンに多くのこだわりが。以前放送された『私の何がイケないの?』(TBS系)では、藤原さんの調理環境に迫っています。

 

藤原さん邸のドアをくぐると、目に飛び込んでくるのは綺麗なキッチン。中でも藤原さんが1番こだわったのは広い「調理スペース」で、なんと90cmもの奥行きがあります。その理由を、「家族みんなで料理できるように広めに作った」と語る藤原さん。3人が同時に調理してもへっちゃらなほど、広々とした調理スペースでした。

 

さらに藤原さんは「調味料出しちゃうと作業しづらい」という理由で、コンロの下にある引き出しへ調味料を収納しています。また驚きの収納術は、食器棚にも見られました。皿を重ねて置くのではなく、100円ショップの本立てを活用して縦に収納。こうすることでお皿が見やすくなるそうです。

 

シンクを見ると、どの家庭にもあるはずの「三角コーナー」が見当たりません。「野菜も皮ごと使いますし、なるべくごみも出さない。全部食べ切っちゃう」と、徹底した節約ぶりがうかがえます。藤原さんが斬新な料理を生み出せる理由は、“食材を使い切る”というこだわりにあるのかも。

 

藤原さんがこれから、どのようなレシピを発明してくれるのか楽しみですね。

 

文/長谷部ひとみ  

参照:藤原家の毎日家ごはん。「広島焼きを電子レンジで作ろう!!」

 

あなたにオススメの記事

家事テーマ : 【料理アイデア】その他の記事

料理アイデア
もっと見る