コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

39歳で出産を控えるたんぽぽ・白鳥久美子「コロナで家族の存在がドンっときた」

ライフスタイル

2021.07.08

2018年にお笑い芸人のチェリー吉武さんと結婚し、今年の夏に出産を控えるたんぽぽ・白鳥久美子さん。

 

「最近、地震が多いと思っていたらじつは胎動だった」と笑いながら話す白鳥さんは、初めての妊娠生活に驚きや発見の日々なのだとか。39歳での出産、そして家庭を支えるママになる本音とは?

逆プロポーズの言葉は「私について来い!」

── 結婚したとき、なかなか結婚に踏み切れなかったチェリーさんに対し、白鳥さんが「お金のことは心配せず、私について来い」と言ったとか。頼もしい(笑)!当時はどんな心境だったのですか?

 

白鳥さん:

お金のことは本人がすごく気にしていたんですよ。でも私はそこじゃないところに惹かれていたし、芸人という同じ職業なので、売れるまで儲かる仕事ではないということは十分理解していたので。

 

夢を叶えるまでは私が支えられる部分は支えるから、自分のやりたいことをやってくださいという気持ちでした。あなたが稼いだら、そのとき私を支えてくださいね、っていうことでいいのかなと思って。

 

それよりも人生のパートナーがいる方が私としても安心だし、チェリーさんとしても、きったねえアパートに住んで悶々としているよりはいいんじゃないの?と思って(笑)。お互いにとって、結婚はいいことだと思いました。

コロナに感染して夫に助けられ「家族の存在がドンっときた」

── いま妊娠8か月と伺いました(※取材時)。出産間近ですね! 結婚当初から子どもを望まれていたのですか?

 

白鳥さん:

夫婦2人だけの生活も楽しかったので、お互いに「できたらいいね」ぐらいの感じでいました。年齢が年齢ということもあり、「もしかしたら子どもを持つのは難しいかもね」という話もしていて。

 

そんな中、子どもを望むようになったきっかけは、昨年春に私が新型コロナウイルスに感染したことでした。チェリーさんも濃厚接触者になったので、約1か月間、ずっと2人で隔離生活をしていたんですね。

 

食事の支度や家事など家のことを全部チェリーさんがやってくれて、家族のありがたみをすごく感じて…。家族という存在が、私の中でドンっときたんです。もしいま2人で頑張れるんだったら、もうひとり家族が増えたほうが楽しいのかなって思うようになって。

 

療養期間が終わった後、妊活に向けて動こうということに。免疫力を高めたり、基礎体温を上げたり、自分の体を見直すようになりました。

── 39歳での初産。心配ごとや不安もあったのではないでしょうか。

 

白鳥さん:

病院へ行くと、先生たちから「高齢出産、高齢出産」と何度も言われて、まぁ自覚はしていたんですけど…やっぱりちょっとショックですよね。

 

妊活中は私の年齢では妊娠しづらいという話を改めて聞いて落ち込み、ようやく「できた!」と思ったら、今度は高齢出産のリスクを教わり…。そのたびに精神的にくるものがありました。もっと早めに産んどけばよかったな、とかタラレバなことばかり思ってしまうこともあって。

 

だから実際に産んで、わが子を抱いてみるまでは正直ずっと不安ですけど、お医者さんと家族を頼って乗り越えるしかない!と思っています。

高齢出産はやっぱり不安。支えてくれたのは…

── 不安な気持ちを和らげる言葉や出来事はありましたか?

 

白鳥さん:

最近だと平野ノラちゃんが無事に出産されたニュースです。ニッチェの江上さんも昨年出産して、メールをくれたりして。女芸人仲間に励まされましたね。

 

光浦さん(オアシズ・光浦靖子さん)や黒沢さん(森三中・黒沢かずこさん)も、子どもを産んでいるわけじゃないけど「大丈夫だよ!」と力強く言ってくれたり(笑)。黒沢さんは、相方の二人が子育て中ですからね。

 

あとは清水ミチコさんから「私は友達に手伝ってもらいながら育児したし、悪くなかったよ!」とか。いろんな意見を聞けて、落ち着くことができました。

 

私の周りの女芸人は、母性が強い人ばかりで。「産んだら抱かせて」「めんどうをみたい」と言ってくれています。女芸人の村をつくってそこで子育てしたら、夫がいなくてもなんとかなりそう!っていう話も(笑)。

たんぽぽ・白鳥久美子さん

── 女芸人の同期や先輩に支えられたんですね。みなさんお優しい(笑)。心強いですね!

 

白鳥さん:

妊婦さんって幸せそうに見えるからか、みんな「おめでとう」と言ってくれますよね。それもうれしいけど、「不安はないの?」「いつでも助けるよ!」と言ってくれる、世話焼き好きの先輩たちの言葉はありがたいと感じました。

 

このぐらい大丈夫なんですけど…みたいな荷物も「持つな!」と言ってくれたり(笑)。芸人という同業だし、仕事の相談もしやすかったです。

女性には産む権利がある。日本の医療が支えてくれる!

── そうは言っても、日々の心配ごとはたくさんあったでしょうね。

 

白鳥さん:

そうですね。そういうときは、お医者さんに不安をそのつど伝えていました。「病院としても態勢が整っているし、高齢出産でもちゃんと産んでいる人をこれまでたくさん見ているよ」と先生や助産師さんに言っていただいて、心が落ち着きました。

 

「不安はなかなか消えないとは思うけど、あなたができることもあるから、それを一個一個クリアしていって一緒に頑張りましょう」と言ってくださって。

 

私、現代の医療ってすごいなと思っているんです。同じように高齢出産を控えている女性たちに「日本の医療を信じて、お互い頑張りましょう!」と声をかけたい気持ちです。

 

PROFILE 白鳥久美子さん

1981年生まれ。福島県出身。2008年、川村エミコさんとともにお笑いコンビ・たんぽぽを結成。2018年にお笑い芸人のチェリー吉武さんと結婚。オフィシャルブログ『乙女の祈り』では家での出来事や、マタニティライフを綴っている。最近では夫婦のYouTubeチャンネル『たんぽぽ白鳥とチェリー吉武の【私たちこれで夫婦やってます】」を開設したばかり。

取材・文/大野麻里 撮影/佐久間ナオヒト スタイリング/山崎由佳

ベスト1万8480円、ワンピース1万9800円/以上すべてhaupia(価格はすべて税込)
あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【芸能人インタビュー】その他の記事

芸能人インタビュー
もっと見る