コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ウルトラマンタイガ・井上祐貴さん「憧れられるヒーローであるために」

ライフスタイル

2020.08.06

井上祐貴さんにインタビュー!

 

8月7日(金)より『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』が全国公開されます。主人公のタイガは、あのウルトラマンタロウの息子ということで、幅広い世代から支持を得た人気作の劇場版です。ウルトラマンタロウの登場はもちろんのこと、新世代のウルトラマン“ニュージェネレーションヒーローズ”が勢揃いすることでも注目されています。

 

CHANTO WEBでは、タイガに変身する主人公・工藤ヒロユキ役の井上祐貴さんにインタビュー! 1年を通して感じた自身の成長や、ヒロユキの役作りについて、ウルトラマンタイガの声を担当した声優・寺島拓篤さんのこと、劇場版で子どもたちに伝えたい思いなど、アツく語っていただきました!

 

ウルトラマンとの思い出を語る井上さん

 

—— 井上さん演じるウルトラマンタイガは、歴代ウルトラマンの中でも屈指の人気を誇るウルトラマンタロウの息子です。演じるうえでプレッシャーは感じていましたか?

 

井上さん 出演が決まったときは率直にうれしかったのですが、同時にプレッシャーも感じつつ、「やってやるぞ!」という気持ちもありました。子どもの頃にハマっていたのはウルトラマンコスモスでした。子どもの頃のアルバムには、イベントやショーでウルトラマンコスモスに抱っこしてもらったり、握手してもらったりしている写真がたくさんあります。記憶が鮮明ではなかったのですが、写真を見たら「そういえば行ったな」といろいろと思い出しました。

 

—— ウルトラマンコスモスのどんなところに惹かれたのでしょうか?

 

井上さん ビジュアルです。青がすごく好きだったので。戦い方ももちろん好きなのですが、何よりビジュアルにハマっていたことはよく覚えています。まだ小さかったので、細かい部分よりパッと目に入るビジュアルに惹かれたのだと思います。

 

—— 今回は子どもたちから憧れる側を演じたわけですが、1年を通して「成長した」と感じる部分はありますか?

 

井上さん 正直、撮影中に実感することはなかったです。でも、イベントが始まって子どもたちとハイタッチをしたり、ウルトラマンに変身したときの歓声や声援を聞いていると「ここまでやってきたんだな」という気持ちになりましたね。やっと実感が湧いてくるという感じでした。

 

—— 「ウルトラマンR/B(ルーブ)」のグランドフィナーレで登場したときから、すごく落ち着いた印象があります。

 

井上さん ファンのみなさんの前にヒロユキとして出るのは初めてだったのですが、あのときは、カツミ(平田雄也)さんやイサミ(小池亮介)さんという頼れる存在がいたので、なんとかなりました。落ち着いているとよく言われるのですが、そう見えるだけで、本当は心臓バクバクでした。緊張しすぎて落ち着いて見えたのかもしれません(笑)。こう見えて、結構いつも緊張しているんです。

 

1 / 4 ページ

KEYWORDS関連キーワード

あなたにオススメの記事

ライフスタイルテーマ : 【映画】その他の記事

映画
もっと見る