注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

まさか「女同士だからOK」とでも?! 女性上司の〝セクハラ〟無自覚が辛い!

コミュニケーション

2019.10.25

男性から女性に行われていたら、とっくに処分を受けてるような「セクハラ言動」。でも女性同士となると、その不快感はなんだか黙殺される気がすること、ありませんか? そのうえやってる本人には、セクハラだという自覚もなさそうで…。女性上司のセクハラ言動に悩まされるママたちに、お話を聞きました。

 

 

■「子ども3人って〝お盛ん〟なんでしょ?」(芽衣さん/38/通信関係)

iStock.com/andresr

私の上司は小学生の娘がいるママ。普段は子育てにアドバイスしてくれたり、洋服やおもちゃなどのお下がりをくれたり、とても頼もしい先輩です。ただ、ひとつだけ嫌なことがそれは「夫婦生活」を気軽に話題にすることです。

「ここ最近、旦那に触れていない」と不仲をアピールしていたかと思えば、「最近は求められることが増えた」と報告してきたり。聞いてもいないのに赤裸々に語ってくるんです。いくら女性同士でも女性しかいない部署でも、そういう話は苦手。ましてや職場ですからね。

つい先日も「子どもが3人もいるってことは、お盛んなんでしょ?」と言われてびっくり。「いやいや、そんなことないです!」と否定したのですが「またまた~、そんなこと言っちゃって~」とニヤニヤ。

確かに子どもは3人いますけど超計画的妊娠ですし、日常的にラブラブなわけでもなく…そもそも、そんなことを詳しく話すのも嫌。なので「そういえば娘さん、英語が得意って。すごいですよね~」と、彼女が自慢しやすい方向に話題をそらしていますね。 

■同性だからってボディタッチはダメ!(舞子さん/32/食品関係)

iStock.com/kokouu

うちの会社の40代独身社員・Aさんは、昔から「おっぱい好き」「おしり好き」を公言していて「触らせてよ~」と言ってタッチしてくるんです。そりゃ、学生時代なんかは女友達同士で「胸大きい〜、触らせてよ!」なんて盛り上がったりはしていましたよ。

でもさすがに、この歳になってまで、しかも職場ではやらないじゃないですか。でもAさんは堂々と、しかも仕事中でもお構いなしですよ。妊娠していたときは「ね~ね~、妊娠するとおっぱいどのくらい大きくなるの? 触らせて!」と寄ってきました。

妊娠中はデリケートになっていて、お腹を触られるだけでもザワッとするのに…ものすごく嫌な感じでした。育休復帰後も「授乳中のおっぱいははどんな?」とか「最近、ちっちゃくなってない?」などと言って触ろうとしてきます。

だから「同性でもダメですよ、セクハラになっちゃいますよ!」と冗談っぽく忠告しながら、手を払うような仕草を見せるようにしています。けっこう効果があったみたいで、以前ほどスキンシップをしてこなくなってホッとしています。 

■ママ社員の品位に関わる暴露話(美香子さん/29/会社員)

iStock.com/takayuki

出産や育児のことを開けっぴろげに話す、豪快キャラの先輩ママ社員。「おっぱい出したまま寝落ちすることなんて、ママなら毎晩よね~」「尿もれ、いつまで続いた?」「出産後は痔もつきものだよね」などなど。

若い男性社員がいる前でもお構いなしで、彼らはうつむいて「僕は聞いていません」というふり。中年男性も苦笑いしています。その一連の流れがとにかく恥ずかしくて。「ママの品位が疑われるからやめて!」と思いながらも、止めることはできずにいます。

「若い男の子たち、引いちゃいますよ~」と忠告したこともあるのですが効果なし。「父親になったときのために、こういう現実を知っておいたほうがいいんだよ~」と、悪びれる様子もありません。いっそのこと、勤務中は「ママトーク禁止」にして欲しいくらいです。 

iStock.com/kokouu

やってる本人に悪気はなくてもダメなものはダメ。受けた方が不快感を抱いたら、それはもう立派な「セクハラ」です。「それはよくない発言です、私は不快です」ということを、まずはソフトに、でもきっぱりと、伝えるようにしましょう。

 

 

ライター:佐藤まゆみ
マスコミ系の会社に勤務。保育園の年長を筆頭に3人の子育てに奮闘するママ。外面はサバサバ&ハキハキだけど、内面は「モヤモヤの宝庫」!〝宝”の持ち腐れにならないよう、惜しみなく発信してきたいと思います!

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る