注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫の浮気相手は「保育園のママ友」だった!働く妻の〝まさかの修羅場〟

コミュニケーション

2018.08.07

2018.09.10

「夫の不倫相手」と聞くと、どんな相手を想像しますか? よくあるパターンは職場の後輩や部下など、事関係から始まるものかもしれません。

ところが今回ご紹介するのは、なんと「子どもが通う保育園のママ友」と夫が不倫していたという、予想の斜め上をいく衝撃の実話! 心してお読みください…。

旦那の横には…「あ、○○ちゃんのママ!」(里緒菜さん/27/サービス業)

私と旦那はそれぞれそこそこに収入があり、経済的にも余裕あります。なので、ひとり娘には、保育料が高くても、評判のいい私立の保育園を選びました。娘も気に入ったみたいで、保育園のことを毎日話してくれます。

初めは、私が保育園に送っていくことがほとんどだったのですが、いつのまにか旦那が送ってくれることが多くなりました。お迎えにも、週2くらいで行ってくれるようになり…。どうしたんだろうな? と思いつつも、旦那が積極的に子育てを手伝ってくれることを喜んでいたんです。

ところが、それには理由がありました。週末のある日、私と娘で近くの水族館に行ったんですが、まさかの場所で旦那を発見…しかも知らない女性とラブラブな様子で、ニヤニヤしています。

shutterstock_1148869274

「不倫?! どこの誰よ!」と思い、様子をうかがっていると、娘が「あ、○○ちゃんのママ!」と旦那の横にいる女性を指を指して言うんです。

そう。旦那の不倫相手は、娘と同じ保育園のママで、なんと旦那の元同級生! あとから問い詰めると、「保育園で偶然に再会し、その後飲みに行って意気投合した」のだとか…。積極的に娘の送迎をしてくれたのも、不倫相手に会うためだったんです。娘をダシにして不倫なんて、本当に許せません!!

ママ友と旦那家に置いて出たところ…(美紀さん/32/飲食店勤務)

私には仲のいいママ友がいます。お互いやんちゃな小学生の息子がいて、趣味はお菓子作り。お互いに作ったお菓子を交換したり、それぞれの家に持ち寄ったりして、一緒にお茶をするのが楽しみでした。

そんなある日の週末、わが家でお茶をしていると、突然仕事の呼び出しが。家にいた旦那に彼女とお茶しててくれるよう頼んで、私は職場へ向かいました。なんども行き来しているので、彼女と旦那は少し会話するくらいの仲になってたんです。

でもその日帰宅すると、彼女のつけていたイヤリングがなぜか寝室に…落とすことはあるかもしれませんが、寝室にあることに違和感を感じました。

shutterstock_1147547015

「まさか…」という疑惑を確かめるため、私は後日ある作戦を実行。以前と同じように、「仕事の電話が入ったので二人を残して職場へ」というシチュエーションを作りました。もちろん呼び出しの電話なんてありません。

それからしばらく時間をおいて、家に戻ると…旦那と彼女がまさにお楽しみ中! 言い逃れできない状況に、彼女は泣きながら謝り、私は旦那を殴り…まさに修羅場。その日以来、彼女とは絶縁状態です。

保育園の家族会で初恋の相手と再会?!(輝美さん/30/会社員)

息子が通う保育園で、パパとママが参加する家族会がありました。そこで初めていろいろなママたちとお話。一緒に参加した旦那も、パパ同士でいろいろな話をしているようでした。

shutterstock_88916575

その家族会に参加してから、休みの日や週末は、家でゴロゴロするばっかりだった旦那が、ほかのパパに感化されたのか、息子を遊びに連れ行ってくれるように。その間私は、自分の時間を楽しめるようになりました。「家族会があってよかったな〜」と保育園に感謝! …でも、ある日ふと、おかしなことに気づきました。

家族会で仲良くなったママ友がいてたまにお茶をするような仲になっていたんですが、旦那が息子と出かける日に限って、彼女も誘いを断るんです。初めは「偶然かな?」 と思っていたのですが、度重なるにつれて「そういえば…、あれ?」と違和感を感じるように。

そこで、旦那に「〇〇ちゃんのママと一緒にいたところ見たわよ」と、カマをかけてみると明らかな動揺。さらに問い詰めると、なんと不倫をしていたことを白状しました。それだけでもビックリですが、なんとそのママ友は、旦那の初恋相手だというのです。

偶然、家族会で再開をして、そのまま男女の仲になってしまった…とのこと。旦那と浮気しておきながら、しれっと私とお茶をしていた彼女が、旦那の初恋の相手だなんて…!! どうやって彼女に復讐してやるか、考える毎日です。

よりにもよって保育園のママ友って…「魔が差す」にもほどがありますよね。こうなると、いつ、どこに、誘惑の手が伸びているかわかったもんじゃありません。ゆめゆめ油断されませんように!

shutterstock_1023600352

ライター:藤崎陽菜
ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る