注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

飲食店で「ごちそうさま」が言えない人って一体どんな教育を受けてきたの!?

コミュニケーション

2018.12.15

communication201812

店員さんなどに何気なく言う“ありがとう”や“ごちそうさま”。サラッと言える人もいれば、全く言わない人もいますよね。とある女性は“感謝の言葉”が言えない彼氏に頭を悩ませています。

 

言えないわけではなく“言わない”!?


今回の相談者は、店員さんに“感謝の言葉”が言えない彼氏を持つ女性。彼氏はお店で買い物をしたり、飲食店で食べ終わった時に、“ありがとう”や“ごちそうさま”を全く言わないそうです。

 

この相談にネット上では、「いるよねそういう人…」「関係ない人が言わないのは別にいいんだけど、身内だとかなり気になる」「私の元彼も全くもって言えない人だったなぁ」「一度おかしいなって思うとずっと気になっちゃうよね」「なんで言えないんだろう…」といった声が続出していました。

 

毎回店員さんに感謝の言葉を述べている女性は、言わない彼氏に対して「私が毎回言っているから、合わせて言ってくれればいいのに」とチクリ。しかし彼氏は「言いたい人は言えばいいけど、自分は言わない」と言い放ち、話が終わってしまいます。

 

この彼氏の言葉に、ネット上では「言った方が確実に好感度が上がるでしょ」「『今度言ってみるね』ぐらい言ってほしいけど」「そういう細かな配慮で人間性って出る気が…」「私の彼氏が言わなかったらガッカリする」「彼女がありがとうって感謝するなら、彼氏の方も言うべき」といった声が。

 

店員さんの意見や言えない人の特徴


“場所やシチュエーション”を考えて言う人も多く見受けられます。ネット上では、「親身に接客してくれた人には言うけど、ちょっとした買い物なら会釈するぐらい」「忙しそうな時は、何も言わずにサッと出てきちゃう」「言ったり言わなかったりするのは、お店の雰囲気とかもあるよね」「正直ケースバイケースでしょ」といった意見が。

 

反対に“言われる側”の店員さんは、どう思っているのでしょうか? 接客業をしていた人からは、「どんなタイミングでも言ってほしい」「感謝されたら気持ちいいもんだよ?」「『ごちそうさま!』って明るく言ってくれる人は、魅力的に見えるよね」「自分の接客が評価されたみたいで嬉しい」と挨拶や感謝に対して肯定的なようです。

 

また“ありがとう”や“ごちそうさま”が言えない人の特徴として、「50代の人とかが言えないかも」「飲食店で働いてたけど、食べ物を残す人が言えないイメージ」「東京の人よりも大阪の人の方が気持ちよく言ってくれる」といった意見も上げていました。

 

言わない人も多い中で、常に言っている人は「私は自己満足で言ってるかな」「良いお客さんには良い接客が返ってくると思う」「自分が気持ちよく帰れるために“ありがとう”って言うね」といった考えがある様子。

 

“ありがとう”って1日に何回言ってる?


ネスレ日本株式会社は、全国の10代~50代の男女1000人に対して“日常の感謝行為”のアンケートを実施しました。

 

アンケートによると、1日に“ありがとう”を言う平均回数は7.5回。逆に言われる回数は、4.9回に留まっています。さらに男性は上の年代ほど、“ありがとう”を言う回数が減る傾向に。最も言っているのは20代女性で、最下位は50代の男性でした。

 

アンケートでは、“ありがとうを送りたい”職業トップ3を調査。「医師」「警察官」などを抑えて、「コンビニ・スーパーなどの店員」「バス・タクシーなどの運転手」がランクインしています。

 

アンケートに答えた人からは、「飲食店で働いていた時に言われて嬉しかったから、意識して言うようにしてる」「心のこもった“ありがとう”を言われると、仕事中でも癒されるよね」「言った人も気持ちがほぐれてお互いに幸せになる」といった声が上がっていました。

 

意見がわかれる店員さんに対しての“感謝”や“あいさつ”。言葉にできなくても、“感謝する気持ち”だけは忘れないようにしたいですね。

 

文/牧野聡子

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【夫婦】その他の記事

夫婦
もっと見る