コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

すでにあるグループの輪に入れる人と入れない人の決定的な違い

コミュニケーション

2020.12.10

職場先やママ友同士の交流会などで既にグループができあがっている場合、輪の中に入っていくのは勇気がいりますよね。積極的に話しかけてすぐに溶け込めれば問題ないのですが、ついためらってしまう人はどのような方法を取ればいいのでしょうか。

新しいグループを作る手も!?

ネット上では、“グループに馴染むのが苦手”という人からの「人見知りなので話しかけることができません…」「輪の中に入るきっかけが全然掴めない」といった声が続出。仲良くなりたい気持ちはあるものの、どう接していいのか分からず途方に暮れてしまうようです。

 

なかなか溶け込めず思い悩む人たちに対して、「無理する必要ない」との声が。「できあがってるグループの中に入るのは大変だから、他の人と仲良くしたり新しいグループを作ればいいんじゃないかな?」「いつも1人で寂しそうにしていれば、誰かしら声をかけてくれるはず」などの意見が寄せられていました。

 

まずは挨拶から!

時間が経てば自然と輪の中に溶け込める可能性もありますが、じっと待っている期間は辛いもの。“引っ込み思案な人”でも実践できる人と仲良くなる方法として、「まずはグループ内の1人と仲良くなるのがおすすめ。1人でも話せる人がいれば、打ち解けるスピードも早くなると思う」「突然会話に混ざろうとするんじゃなくて、挨拶するところから始めてみたら?会話に入るタイミングが掴めなかったら、知ってる話題で盛り上がってる時にさりげなく発言するといいかも」といった声が上がっています。

 

グループに参加できた場合、うまくコミュニケーションを取るためのコツとして、「ずっと自分の話ばかりしてると、相手は退屈に感じるかも。周りの状況を見ながら、会話を掘り下げたり聞き役にまわることも意識するといいよ」「誰かが話してる時は、リアクションや共感を入れるだけでより馴染みやすくなると思う」などのアドバイスも。空気を読んだり周囲への気遣いを忘れないことが、集団の中でうまくやっていく秘訣なのかもしれません。

 

>>NEXT ママ友との交流の仕方は?

1 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る