コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

過干渉な母親との関係で傷つかなくなる「言葉」の返し方

コミュニケーション

2020.10.01

距離をとる母娘

母親とのしがらみから逃れるためには、自分自身を尊重する自分中心の考え方が大事だといいます。自分を大切にすると、母親とも良好な関係が築けるようになるのだとか。では、具体的にどのように対応したらいいのでしょうか。具体的なケースごとに、心理カウンセラーの石原加受子さんが解説します。

Case1 母親がひんぱんに電話して、グチばかり言うとき

娘の都合を考えずに連絡してきてはグチばかりの母親。拒絶するのもかわいそうで、娘もつい付き合ってしまうケース。こうした場合はどう対応したらいいでしょうか。

 

かかってくる電話にすべて出る必要はない

疲れていたり、都合が悪い時は、電話に必ず出る必要はありません。場合によっては無視してもいいのです。あとできちんと忙しくて電話に出られなかった” “疲れていて話を聞く気分ではなかったと、自分の気持ちを伝えれば問題ありません」

 

主語を「自分」にして話すと、相手の受け止め方が変わる

このときに大事なのは、私だって疲れているんだから、電話してこないでなどと母親に要求しないこと。これは相手を責め、強制する他者中心の行動になります。母親もカチンときてしまい、ケンカの原因に。

 

「大事なのは自分の気持ちを伝えること。慣れていないとつい混乱してしまいますが、“私はどう思っているのか”と、主語を自分にして考えるといいでしょう

 

他者中心の考え方でいる限り、自分の気持ちを伝えたら関係が悪くなるかもしれないと思いがちですが、それは勘違い。むしろ、率直に言うことで     自分の状況や感情が伝わりやすくなります。    

 

自分から提案するのもひとつの手

自分がしんどくならない範囲で、譲歩案を出すのもオススメです。何度も電話に出る余裕がないから、週に回、この時間にできるかな?と、自分が対応できる範囲を伝えましょう。そうすれば、娘が絶対に電話に出るわけでないことを認識するようになります」

 

>>NEXT 何かと干渉してくる母親。子育てや家事にも小言ばかりで…

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る