コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

母親との苦しい関係から抜け出す“自分中心”の考え方とは?

コミュニケーション

2020.09.30

自分中心の考えを大事にする女性

相手の態度や反応によって自分の言動を決めようとする他者中心の生き方をする母親。こうした母親は無意識のうちに娘を支配し、依存しようとするといいます。母親の言動に振り回され、しんどくなった時、どう対応するといいのでしょうか。心理カウンセラーの石原加受子さんにお話を伺いました。

“自分中心は自分も相手も大切にできる考え方

「母親に振り回されないためにもっとも大切なのはまず、自分自身を尊重することです。この生き方を私は“自分中心”と呼んでいます

 

“自分中心と聞くと、とても自分勝手でワガママなもののように感じられます。けれど、そうではないそうです。

 

「自分中心とはみずからの思いを判断基準にして行動することです。すると、あらゆることに対し自己肯定感が生まれ、ラクになるのです」

 

しかも、こうした自分中心の考え方は、他者中心よりもずっと相手を尊重できるといいます。

 

自分を大切にすると、他人も同じように尊重できるようになります。なぜなら、“私には私の自由があるように、相手にも相手の自由がある”と思うのが基本となる考え方だから。相手を認め、自立した存在として認めることができます。そのため、人に干渉しなくなり、比較して争うような機会が減るのです」

 

1 / 2 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【その他】その他の記事

その他
もっと見る