注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

通勤電車も要注意!咳やくしゃみは肘の内側で口を覆うのが正しいエチケットです

美容

2019.02.15

20190213hiji01毎日のように新しい話題がフィーチャーされるネットの世界。この記事では、SNSや検索サイトで注目を集めているワードをチェックしていきます。意外なトレンドが見えてくるかも!?

 

くしゃみの時に手で口元を覆うのは間違っていた?


今年2月、「肘の内側」がTwitterのトレンドに入っていました。このワードが話題になったきっかけは、アメリカ在住のがん研究者・大須賀覚さんのツイート。これによると、くしゃみをする時に手で口を覆うのは間違った行動のようです。

 

大須さんは「大多数の日本人は急なくしゃみの時、手で口を押さえます。これは良くない。手にウイルスがつき、その手で周囲を触ることで、周りの人にうつしてしまいます。くしゃみは肘の内側にするのが国際的にやられている正しい方法です」と投稿。また「アメリカではこのくしゃみの仕方を子供のうちから、しっかりと教育されます。そのため、アメリカ人は肘の内側にくしゃみをする人が大変に多いです」とも解説していました。

 

菌の拡散を防ぐために、くしゃみをする際は「肘の内側」で口元を覆った方が良いとのこと。ちなみにこの方法は、厚生労働省の公式サイトでも正しい“咳エチケット”として紹介されています。

 

意外と知られていなかった正しいくしゃみの仕方に、Twitter上では「これがくしゃみのグローバルスタンダードなのか」「正直知らなかった」「今度からは肘の内側にくしゃみしよう」といった声が。一方で「これ常識だと思ってた」「なんとなく海外映画で見て格好良かったから真似してたけど、正しい方法だったのか」「小さい頃からこれが正しいくしゃみだって教わってた」との書き込みも多く、昔から実践していた人も多いようです。

 

「進撃の咳エチケット」が話題に


厚生労働省は、正しい咳エチケットを啓発するために『進撃の巨人』(講談社)とコラボ。「進撃の咳エチケット」というポスターを公開していました。同ポスターではエレンやミカサ、アルミンといったお馴染みのキャラクターが、模範的な咳エチケットを披露。ミカサはティッシュで鼻を覆い、アルミンはマスクを着用、そしてエレンは「肘の内側」で口元を隠しています。

 

そして上部には、“指導役”として綺麗好きなリヴァイが。“悪い例”役には巨人が起用され、口元を覆わず盛大に咳をしていました。こちらも大きな話題になり、「正しい咳エチケットで風邪を駆逐しなきゃ…」「厚労省面白いことするなぁ」「兵長が指導役なのわかってる!」といった声が続出。その他、「このポスター学校に張ってあってテンション上がった!」「病院で見かけて二度見しました」といった目撃談も寄せられています。

 

口元を覆わないでくしゃみ・咳をする人も?


くしゃみや咳のエチケットについては、意外と基本的なことも守られていないケースが多い模様。以前は工藤静香さんも、Instagramのストーリー機能で「咳をガンガンしてマスク無し。これ良くないと思います。おじさんしっかりマスクしてください」「風邪を引いて外出する時は、マナーとしてマスクを着けて下さることを願います。現時点で7万人の方の意見で、公共の場やパン屋さんなどでも、口を塞がず咳をしている方が多いことがわかりました」と苦言を呈していました。

 

実際にネット上でも「電車の中で他人の咳が顔にかかった」「最低限手で口を抑えて欲しい。それすらやらない人が多いから困る」「とりあえず風邪引いて外出するならマスクはつけてくれ」「感染症がどうのこうの以前に、咳をする時は口元を覆うのがマナーでしょ」といった声が。ちなみに「和歌山市感染症情報センター」の公式サイトによると、口元を覆わずくしゃみや咳をした場合、ウイルスは2m~3mも飛んでいくそうです。

 

まだまだ寒い日が続き体調を崩しがちですが、正しい咳エチケットを心がけて感染を食い止めましょう。

 

文/河井奈津

あなたにオススメの記事

美容テーマ : 【スキンケア】その他の記事

スキンケア
もっと見る