159-1

 

身体に良いイメージのあるナッツは、子どものおやつとしても、大人のおつまみとしても大活躍してくれます。家に常備しておくと、小腹が空いたときにも便利ですよね。 そんなナッツの中でも、近年注目度を増しているのがピーカンナッツです。なんだかとても明るい名前のナッツですが、実は女性にうれしいメリットがたくさん! ピーカンナッツは食べなきゃ損!? ナッツの特徴や摂取するメリット、オススメの食べ方などを紹介します。

 

■ピーカンナッツってどんなナッツ?

まずはピーカンナッツについて知りましょう。ピーカンナッツは、北米原産のナッツの一種です。クルミ科カーリア属の一種で、古い時代から、先住民に愛されてきました。 渋みが少なくまろやかな味わいで、食べやすいのも特徴の一つ。脂肪分を非常に多く含んでいることから、「バターの木」という愛称で親しまれています。柔らかで豊潤な味わいが魅力で、近年、日本のお菓子やスイーツにも積極的に使われるようになってきています。 クルミ科に属するピーカンナッツは、同じくクルミ科に属するクルミとよく似ているナッツとして知られています。しかし細かな点をチェックしていくと、クルミとの違いは多くあります。 ピーカンナッツが北米原産であるのに対して、クルミの原産国はヨーロッパ南西部です。またナッツ類に特徴的な不飽和脂肪酸を多く含むのは、クルミよりもピーカンナッツの方。またクルミと違って、ピーカンナッツの殻は手でむくことができます。こちらも、ピーカンナッツならではの魅力だと言えます。 ピーカンナッツは、日本ではペカンナッツという名称でも知られています。日本製品に使われる機会も増えていますから、それとは知らず、口にしているケースも多いのかもしれませんね。

 

■ピーカンナッツを摂取することで、得られるメリット

では具体的に、ピーカンナッツを摂取するとどんなメリットを得られるのでしょうか。まずはピーカンナッツ100グラムに含まれる、栄養素をチェックしてみましょう。 エネルギー  701キロカロリー
たんぱく質  10グラム
脂質    73グラム
炭水化物  13グラム
ナトリウム  140ミリグラム
カリウム   370ミリグラム
カルシウム  60ミリグラム
マグネシウム 120ミリグラム またこれ以外にも、抗酸化成分や不飽和脂肪酸も豊富に含んでいますし、マンガンや銅といったミネラルも豊富です。ビタミンB群に含まれるパントテン酸も、ピーカンナッツに特徴的な栄養素と言って良いでしょう。 このような栄養素を摂取することで、得られるメリットは以下のとおりです。 ・アンチエイジング効果
・生活習慣病の予防
・骨の健康を維持する
・貧血対策
・ストレス解消効果 抗酸化作用や、不飽和脂肪酸による体内メンテナンスは、健康を維持していくための重要なポイントになってくれることでしょう。 また女性が年齢を重ねたときに、問題になりやすいのが「骨の健康」と「貧血」です。ピーカンナッツであれば、どちらも一度にケアできますから、非常に魅力的な食品だと言えます。 ピーカンナッツにストレス解消効果が期待できるのは、パントテン酸が含まれるから。ホルモンの合成に関わるビタミンの一種で、リラックス度を高めてくれます。仕事中に息抜きしたいときにも、ピーカンナッツを口に運んでみると、心が落ち着くのかもしれませんね。