4-1

■整理収納アドバイザーとは

「整理収納アドバイザー」という資格を知っていますか? キャリアアップ・スキルアップのため何か新しい資格を取りたいと考えている人なら、名前は見かけたことがあるかもしれません。お部屋の整理整頓に役立つ情報を日頃からチェックしている人も、意識していないだけできっと整理収納アドバイザーの資格を持つ人をメディアで見てきているはずです。 整理収納アドバイザーとはその名前の通り、物を整理したりきちんと収納することに関係する、ハウスキーピング協会が認定している資格です。片付けのプロフェッショナルとも呼ばれていますね。 物を片付けるのが苦手な人ならよくわかることかと思いますが、ちゃんと掃除していてもなぜか部屋がきれいに片付かず、ごちゃごちゃとした雰囲気になってしまうという悩みを持っている人は少なくありません。自分ではなかなか気付きにくいのですが、部屋が片付かないのにはちゃんと理由があります。お部屋のスペースに対して物が多すぎたり、ついつい辺りに物を置きっぱなしにしてしまったり、仕事が忙しく片付けに手が回らなかったり、収納家具の中身を整頓できず物を詰め込むだけになってしまったり……。そういった人それぞれの片付かない理由に合わせて、単純な整理整頓技術だけではなく「散らかりにくく片付きやすい部屋づくり」をサポートするというのが整理収納アドバイザーの基本的なお仕事となります。 整理収納アドバイザーには2級と1級があり、実務に活かせるようになるのは基本的に1級からです。2級は決められた講座を1日受講するだけで取得でき、2級保持者だけに1級の受験資格が与えられます。 2級を取得するだけでも整理整頓に関する知識は得られるので、仕事にはつながらないとしても毎日の家事に活かすことは充分可能。整理収納アドバイザーという資格が気になる方は、まず2級の講座を受けてみてはいかがでしょうか。

■整理収納アドバイザーという資格が役立つ仕事

整理収納アドバイザー1級を取得すると、整理収納アドバイザーとしての業務を行えるようになります。 整理収納アドバイザーとしての主な業務には、一般家庭を実際に訪ねて整理整頓に関するアドバイスや指導を行う「整理収納のコンサルティング」、そして依頼を受けて整理整頓に関する講演を行う「整理収納セミナーの講師」があります。 整理収納コンサルティングは、一般のご家庭からの依頼を受けて実際にお宅を訪ね、それぞれのご家庭特有の片付かない理由を解決し、今後もきれいに片付けやすいお部屋を作っていくためのアドバイス等を行う仕事です。物を整理しきれいに収納するだけ、と軽視している人も多いですが、実際に部屋をきれいに片付けてみると精神的にもかなり良い変化が起こることがよくわかります。ライフスタイルそのものも変わっていくほどの変化を依頼主にも体感してもらえるようサポートするというわけですね。 整理収納セミナーの講師としてのお仕事は、例えば企業に依頼され社内の教育セミナーを行ったり、幼稚園や小学校などに子供を通わせているママ向けに学校でセミナーを開いたりといったものです。一人ひとりのケースに完璧に寄り添うことはできないものの、同じセミナーに参加する人たちなら悩みもある程度は共通しているはず。それを踏まえて受講者全体に役立つ知識やアドバイスを提供するという仕事です。 もちろん、整理収納アドバイザーの資格が役立つのはこういった仕事ばかりではありません。インテリアコーディネーターや家事代行、ショップの販売員やホームヘルパーなど、様々な職業の業務に役立つ資格でもあるのです。それでなくても、自分に知識が身につけば自宅や職場環境の改善にもつながり、結果として作業効率はアップするはず。キャリアアップにも毎日の暮らしにも役立つ資格なんですね。